ホーム > コラムの泉 > FXライター高城のFXの儲けの極意は 勝者に訊け > DMIは「反対側」が大切! [億トレーダー・タクさん取材(3)]

迷ったらココ!期間限定

7/2
2013

DMIは「反対側」が大切! [億トレーダー・タクさん取材(3)]

今回は、先週の続きで億トレーダー・タクさんについてです。

 

(億超えの超逸材は意外な……!?[[億トレーダー・タクさん取材(1)]についてはコチラ)

 

(52歳・億超えのMA活用法[億トレーダー・タクさん取材(2)]についてはコチラ)

 

■±DMIのクロスも有力な判断材料

 

タクさんのチャートで移動平均線と並んで大切なのがDMI。通常、ADXと合わせて使うことが多いDMIだが、タクさんが見るのはプラスとマイナス、2本のDMIのみ。プラスDMIは上昇する力の強さを、マイナスDMIは下落する力の強さを示す。

 

「プラスのDMIがマイナスのDMIを上抜いてゴールデンクロスしたら買いの判断材料に、デッドクロスしたら売りの判断材料にしています。もちろん、それだけで判断するのではなく、先ほど紹介した移動平均線などと合わせて見るわけです」

 

移動平均線では15分足の21EMAを1時間足の5EMAと5SMAが上下のどちらに抜けるかどうかがポイントだったが、前回紹介したチャートにDMIを付け加えたのが下の図になる。

 

■マルチタイムMAは確定を待たずエントリー

 


※クリックで拡大できます。
気をつけてほしいのがタイミング。DMIがゴールデンクロスした(2)は一見、21EMAを1時間足の5EMAが上抜けした後に見える。でも、1時間足の5EMAは1時間足の終値が確定するまでフラフラと上下に動いており、(1)の上抜けが確定したのは図中のAの足。実際にはDMIのゴールデンクロスが先に発生している。マルチタイムのインディケーターを使うときには注意が必要だ。

 

「(3)で21EMAを1時間足の5SMAが上抜いていったのを確認して買い、ですね。ただ、最後の判断は1時間足の確定(図中のC)を待たずに、Bの長い陽線で上抜けが濃厚となった時点でエントリーすると思います」

 

ややこしめの話なので、エントリー条件をまとめると下記の2つとなる。タクさんはさらにRSIやチャートパターンなども参考にしているのだが、この2つだけでも充分に使えるはず。

 

(1) 21EMAと1時間足5SMA/5EMAのクロス
(3) ±DMIのクロス

 

「エントリーのタイミングが遅いと感じるかもしれませんが、時間的に早ければいいというものでもない。私のやり方は『そこまで待てばチャートが明らかに判断できる状態』を待つことが確実性となり、トレードのエッジになっています。最初に言った楽チンなトレードですね」

 

「鯛焼きの頭としっぽはくれてやれ」の発想で、多少の取り逃しを前提にした勝率重視のやり方なわけだ。

 

■上昇中、プラスDMIは頻繁に向きを変更し使いにくい

 

では、ポジションはどこで決済するのか。タクさんならではのDMI活用法がココ。

 

「買いポジションを持っているときは、『上昇する力を示すプラスDMIが下向きになったら決済』と考えるかもしれませんが、実際は逆。買いのポジションを持っているときに参考になるのはマイナスのDMIです。チャート(下図参照)を見ればわかる通り、上昇しているとき、プラスDMIはフラフラと頻繁に角度を変えてしまいます。ところが、マイナスのDMIはなだらかに落ちたままで、そう簡単に傾きを変えない。このマイナスDMIが上向いたら、決済の有力なシグナルです」

 

買いポジをとっているときはマイナスDMIを、売りポジを持っているときはプラスDMIを参考にすると、見やすくなる。この考え方、取り入れると便利そう!

 


※クリックで拡大できます。

 

(勝てない人はとにかく我慢![億トレーダー・タクさん取材(4)]についてはコチラ)

 

<タクさん>

ブログ『楽チントレードでEnjoy!』。

読者とのやり取りも活発、面倒見のいい性格から迷えるトレーダーの兄貴分、相談役的存在でもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

高城 泰

投資ライター 高城 泰(takagi yasushi)

早稲田大学政治経済学部卒業。編集プロダクション「ミドルマン」所属。「週刊SPA!」や「ダイヤモンドZAi」など雑誌や書籍を中心に活動するマネーライター。「超カンタン一点突破FX」(扶桑社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作ったiPhoneでFX入門!」(ダイヤモンド社)などFX書籍のプロデュースを多数手がけている。

facebook twitter homepage