ホーム > コラムの泉 > FXライター高城のFXの儲けの極意は 勝者に訊け > 3台の携帯を使い分ける[kuniさん(2)]

迷ったらココ!期間限定

8/5
2014

3台の携帯を使い分ける[kuniさん(2)]

今週は先週からの続きでkuniさんについてです。

 

(「兼業」へ徹底的にこだわる[kuniさん(1)]についてはコチラ!)

 

早朝の空いた電車で一日の戦略を構築

 

「家庭にポジションを持ち込まない」「仕事に支障をきたさない」ことを目指したkuniさんのトレード方法。どんなものなのだろうか。

 

「朝は5時台に家を出ます。その時間なら電車も座れるので、ノートパソコンを開いてチャートを分析します。日足から4時間足、1時間足、15分足と見ていき、大きなトレンドの方向を確認しながら、直近の高値や安値に水平線を引きます。テクニカルはいろいろ試しましたが、ほとんど使いません。目安にするのはほとんどが水平線。朝のうちに入る目安を決めておきます」

 

※クリックで拡大します

 

エントリーはプライスアクションを確認しながら

 

早朝の電車内でその日のトレードプランを立てておくのだ。だが、入る目安をあらかじめ決めておくのなら、指値や逆指値を入れておけばよさそうなものだが。

 

「プライスアクションを見ながらエントリーしたいので、指値や逆指値ではインしません」

 

だからローソク足を見ながらエントリーしたい。とはいえ、電車から降りればもちろん仕事が待っている。プライスアクションを見てもいられないはずだ。

 

「取引はすべてモバイルです。兼業トレーダーにとってモバイルはとても便利。これをどう使いこなすかが、兼業トレーダーのカギです」

 

2台のiPhoneは別キャリアで電波対策

 

そう言いながらkuni氏が取り出したのは3台の携帯電話。ソフトバンクとauのiPhone、それにドコモのガラケーだ。

 

「取引に使うのはiPhoneです。キャリアを分けているのは電波対策。ソフトバンクの電波が入らなくてもauなら入るかもしれないし、逆もありえる。それに2台あれば複数のチャートを同時に見られる。取引するのはもっぱらユーロ/円ですが、他通貨の動向や複数の時間足も同時に見たいのでiPhoneを2台持ちにしています」

 

タブレットのFXアプリならば複数チャートにも対応しているが、使わないのだろうか。

 

「タブレット? あんなに大きいものはポケットに入りません。仕事中に持ち歩いて空いた時間に取引したいので、タブレットは使いません。兼業トレーダーに便利なのはタブレットではなく、スマホなんです」

 

家族との連絡用とFX用でケータイを使い分け

 

残る1台はガラケー。この使い方にもkuniさんのこだわりが如実にあらわれている。

 

「ガラケーは家族との通話用です。iPhoneはFXに使うので電池がすぐになくなってしまう。今もほら、もう残り30%くらいですよね。いざというとき、家族との連絡は必ずとれるようにしておきたい。そのために家族との連絡に使う携帯とFX取引用の携帯を分けているんです」

 

kuniさんの言葉の端々から感じられるのは家族への愛情。じつは今回の取材直前、kuniさんから「台風が直撃しそうなので延期しませんか」との連絡があった。取材の3日前のことだったので、そのときは「ずいぶん慎重な人だな」と感じたが、今思えば「台風で電車が止まれば、家族が心配する」との愛情ゆえのリスク管理だったのだろうとわかる。FXにしても、アポイントにしても、すべてが家族第一なのだ。

 

(決済を自動化する「ハーフシストレ」[kuniさん(3)]についてはコチラ!)

 

(「勝手にOCO」ですがすがしく仕事[kuniさん(4)]についてはコチラ!)

 

【プロフィール】
kuniさん  
兼業トレーダー。昼食代を抜いて貯めた10万円でFXをスタートし、レジャー費や旅行代などはFXでまかなえるまでに。現在は「兼業の兼業による兼業のためのトレード」である「ハーフシストレ」を編み出し、仕事とFXを両立させている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

高城 泰

投資ライター 高城 泰(takagi yasushi)

早稲田大学政治経済学部卒業。編集プロダクション「ミドルマン」所属。「週刊SPA!」や「ダイヤモンドZAi」など雑誌や書籍を中心に活動するマネーライター。「超カンタン一点突破FX」(扶桑社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作ったiPhoneでFX入門!」(ダイヤモンド社)などFX書籍のプロデュースを多数手がけている。

facebook twitter homepage