ホーム > コラムの泉 > FXライター高城のFXの儲けの極意は 勝者に訊け > 「勝手にOCO」ですがすがしく仕事[kuniさん(4)] 

迷ったらココ!期間限定

8/26
2014

「勝手にOCO」ですがすがしく仕事[kuniさん(4)] 

今週は先週からの続きでkuniさんについてです。

 

(「兼業」へ徹底的にこだわる[kuniさん(1)]についてはコチラ!)

 

(3台の携帯を使い分ける[kuniさん(2)]についてはコチラ!)

 

(決済を自動化する「ハーフシストレ」[kuniさん(3)]についてはコチラ!)

 

利益確定・損切りともに15銭に設定

 

「『勝手にOCO』は利益確定、損切りともに15銭で設定しています。ただし、損切りのほうはトレール注文です」

 

トレール注文(トレーリングストップ)は相場に合わせて逆指値を自動的に切り上げ・切り下げしてくれる注文方法。買いでエントリーして15銭幅で設定した場合なら、最初は買値よりも15銭下に損切りの逆指値が入るが、買値よりも15銭上がったら逆指値の位置を15銭切り上げてくれる。

 

ストップにはトレール注文を利用

 

「15銭で利益確定と損切りを設定して、14銭のプラスまで行ったあとに反落してしまうと、ショックですよね。でも、トレール注文を使えば、14銭のプラスまで行った時点で逆指値が切り上がって、負けても1銭の微損で済みます」

 

買値と売値のスプレッドがあるから、トレール注文を15銭で設定しておいても、実際に逆指値が切り上がるのは14銭幅の含み損になったときだ。

 

「利益確定15銭・損切り15銭ならば、単純に考えて確率はほぼ50%。あとはインするポイントをきちんと見極めることで50%以上に勝率を高められます。ポジったあとはやることがないので、すがすがしい気持ちで仕事できます(笑)」

 

ただ、チャートを見て手動で決済することもある。

 

「12銭くらいのプラスになっていれば手動で決済することもあります。負けるときは1銭の微損のことも多いのでトータルではプラスになっています。15銭の幅はいろいろ考えましたがユーロ/円や15分足の値幅を考えた結果です」

 

JFXのアプリでは、あらかじめ設定しておけば新規注文と同時にOCO注文が入るよう設定できる。もちろん、指値・逆指値、あるいはトレール注文の値幅も自由に設定可能だ。

 

 

帰宅前に全ポジションを決済

 

「このやり方で東京時間から欧州時間くらいまでトレードしています。早朝のオセアニア時間は値動きが少ないのでやりませんし、経済指標もやらない。それに家に帰宅する前にはすべてのポジションを閉じるようにしています。家に帰ったあとは家族との時間ですから。土日・祝日もすべて家族のために使います。FXは往復の電車内2時間と、仕事中のチャートチラ見だけです」

 

家にFXを持ち込まないよう、そして仕事のある人でもデイトレができるよう、徹底してこだわっているのがkuniさんのやり方だ。昼食を抜いて貯めたお金でFXを始めたkuniさん。今の収益は?

 

「昼食をちゃんと食べられるくらいには儲けています(笑)。以前は妻がパートに出ていましたが今は辞めてもらいましたし、家族旅行の資金や休日のレジャー、それに老後のための資金といったところはFXからの収入でまかなえるようになりました。」

 

ここまで兼業と家族にこだわってスタイルを築き上げたトレーダーは珍しい。家族第一の方はぜひ参考に!

 

【プロフィール】
kuniさん  
兼業トレーダー。昼食代を抜いて貯めた10万円でFXをスタートし、レジャー費や旅行代などはFXでまかなえるまでに。現在は「兼業の兼業による兼業のためのトレード」である「ハーフシストレ」を編み出し、仕事とFXを両立させている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

高城 泰

投資ライター 高城 泰(takagi yasushi)

早稲田大学政治経済学部卒業。編集プロダクション「ミドルマン」所属。「週刊SPA!」や「ダイヤモンドZAi」など雑誌や書籍を中心に活動するマネーライター。「超カンタン一点突破FX」(扶桑社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作ったiPhoneでFX入門!」(ダイヤモンド社)などFX書籍のプロデュースを多数手がけている。

facebook twitter homepage