ホーム > コラムの泉 > FXストラテジスト 太田二郎の今週の為替相場 展望と注目材料 > 今週の為替相場を考える(1月11日~1月15日)

迷ったらココ!期間限定

1/11
2016

今週の為替相場を考える(1月11日~1月15日)

2016年の為替市場は、飛び出した瞬間から激震に遭遇し、そのショックから立ち直ろうとして必死にもがいているように感じられます。

 

リスク回避の動きに為替相場も二極化し、 ドル高+円高+ユーロ高と、カナダドル安+NZドル安+ポンド安の流れが続いています。

 

中国経済のスローダウンから始まり、中国政府の人民元安誘導と中国株の急落、イランとサウジの対立と、原油価格の続落。それに、北朝鮮の核実験の突然の報道に、世界的に株安の流れは止まらず。

 

米利上げを後押しした、フィッシャーFRB副議長いわく「中国経済のスローダウンと地政学的リスクが高まった」と危惧を表明。

 

為替市場はもちろんのこと、金融市場全体もリスク回避の流れは続いています。安全資産のドル買い+円買い+ユーロ買いへと動き、株価は下落し、債権価格は上昇、商品価格+原油価格は続落傾向を続けています。

 

原油価格と連動性の高いカナダドルですが、USDCADは2004年4月の高値1.4002を超え12年ぶりの水準となり、CADJPYは2012年11月の82.926を割り込んでおり、テクニカルベースでも弱さが際立っています。

 

今週もその動きが続くのでしょうか? それは、いったいいつまで続くのでしょうか?

 

先週発表されたFOMC議事録では、利上げ決定は僅差の決定だったことや、先週末に中国政府はようやく人民元安と株安対策を実施したことは、相場安定に向けた一歩と考えていいでしょう。

 

しかし、中国からの膨大な資本流出に歯止めがかかるとは思えず、先週末の強い米雇用統計に3月利上げの可能性が強まり、一時的な値動きは別として、大きなドル高の流れを変えることは難しそうです。

 

※※※※※※※※※※※※※※

 

ドル相場

 

直近の急速なドル高の流れに、今週発表の米輸入物価指数は低下が見込まれ、当局の反応に注意が必要となっています。

 

しかしながら、弱い中国経済と商品価格の低迷、中東と北朝鮮の地政学的リスクのヘッジとしてのドル買いと、昨年から始まった米金利引き上げによる金利差拡大期待に、ドルは相変わらずプラス材料が多く残っています。

 

このような状況が暫く続くことが予想され、一時的な反動は別として、ドル高の相場の流れに変わりありません。

 

ドル高の中で、強さが目立った、USDJPYの下落+EURUSDの上昇は何処まで継続できるのでしょうか? 共に鍵を握るのはクロスの動きで、今週はこの動きを見極める必要があります。

 

※※※※※※※※※※※

 

【EURUSD 予想1.0800~1.1000】

 

QEで積み上がったEURショートポジションの巻き戻しと、新興国のヘッジとしてのリスク回避のユーロ買いが、ドル高の中でEUR買いの原動力となったと思われます。

 

今週のECB理事会の議事録は多くを期待していませんが、テクニカルベースでEURUSD1.1000を瞬間ではなく安定的に超えることができるのでしょうか? 今週のEURUSD相場を占う重要なポイントで、達成できなければレンジ相場に逆戻りと考えます。

 

【GBPUSD 予想1.4400~1.4700】

 

安値を更新し1.45台へと売りの圧力止まらず。弱い原油価格に加え、米国に次ぐ利上げ期待は影を潜め、EU離脱を問う国民投票の早期開始の可能性も影響し、2010年5月以来の水準となる1.45台へと下落。

 

EURGBPやGBPJPYなどのクロスでのGBP売りは激しく、先週のGBPUSDは5日間連続の陰線引けへ。1.4800を超えない限り強さは感じられず。

 

【AUDUSD 予想0.6900~0.7150】

 

0.7100を割り込み続落傾向が止まらず。危惧された中国経済のスローダウンと人民元安誘導と株価急落、商品価格の続落にリスク回避の圧力が強まる。

 

下値めどは昨年9月の安値0.6900台で、0.6800を割り込むと、2009年3月の上昇スタートの水準となる0.6400まで底値は見えず。そこまでの2週連続の大相場も考えられず、0.6900~0.7150のレンジ内で動きを予想。

 

【USDJPY 予想116.00~119.00】

 

昨年の暴落時の水準116円を意識。

 

リスク回避の流れと、日銀の追加緩和期待の弱まりに、ドル高傾向の中で、クロスでの円買いが続きUSDJPYは1週間連続し陰線引け。

 

今週も株価と連動した動きが続きそうですが、昨年株価暴落時の動きを思い出します。昨年8月24日の「株崩壊+EM暴落で、中国と貿易関係の強い国の通貨+国際資源輸出国の通貨は暴落」、この日のUSDJPY高値122円→安値116.13円と一日して5約5.8円暴落し下げ止まり、そこから123.70円台まで上昇していました。この歴史的な水準をどうしても意識してしまいます。

 

※※※※※※※※※※※

 

2016年の第1週は過ぎました。先週1週間を振り返るとリスク回避の動きが相場を大きく動かし、
2016年は波乱の年であることを告げるようなドル高の動きが続いています。

 

中国株安+人民元切り下げに端を発する動きに、イラン・サウジの対立、そして、北朝鮮の核実験
も加わり、株安+原油安+円高がどこまで続くのでしょうか?

 

さて、今年2週目となる1月11日の週ですが、今週の経済指標やイベントは以下の通りで、注目材料
はいくつかあります。

 

また、今週からは中銀関係者からの発言が多くなり始めます。その中では、ダドリーNY連銀総裁講
演(15日)を注目しています。それに加え、中東情勢や原油価格などの両面を気にしながら、リス
ク回避の流れがどこまで続くのかを注視しなければなりません。

 

1.中国株や人民元相場に影響を与えそうな、中国貿易収支(13日)
2.FRBの次回利上げ時期に影響を与えそうな、米国発の働市場実勢指数(11日)、JOLT労働調査
(12日)、ベージュブック(13日)、新規失業保険申請件数・輸入物価指数(14日)、NY連銀製造
業景気指数・小売売上高・鉱工業生産・背す日稼働率・ミシガン大学消費者信頼感指数・企業在庫
(15日)があり、特に週末の15日に米国発の経済指標が多く控えています。
3.弱さが目立つ豪ドルと英ポンドの今後を占う、豪雇用統計とBOE金融政策(14日)。

 

※※※※※※※※※※※※※

 

1/11(月)  東京市場休場(成人の日)
18:30 EUR センティックス投資家センチメント
00:00 USD 12月 労働市場情勢指数(LMCI)=予想 前回0.5

 

1/12(火) 
08:50 JPY 経常収支・貿易収支
18:30 GBP 鉱工業生産・製造業生産
00:00 USD JOLT労働調査(求人件数)
00:00 GBP 英国立経済研究所(NIESR)GDP予測
USD オバマ米大統領の一般教書演説

 

1/13(水)  
16:45 FRN 消費者物価指数
19:00 EUR 鉱工業生産
00:30 USD EIA石油在庫統計
04:00 USD 地区連銀経済報告書(ベージュブック)
未定 CNH 貿易収支

 

1/14(木)
09:30 AUD 雇用統計
18:00 GER GDP
21:00 GBP BOE金融政策委員会
21:30 EUR ECB理事会議事要旨(12月3日分)
22:30 USD 失業保険申請件数
22:30 USD 輸入物価指数

 

1/15(金) 
19:00 EUR 貿易収支
22:30 USD NY連銀製造業景気指数
22:30 USD 小売売上高
22:30 USD 生産者物価指数
23:00 CAD 中古住宅販売
23:00 USD ダドリーNY連銀総裁講演
23:15 USD 鉱工業生産・設備稼働率
00:00 USD ミシガン大学消費者信頼感指数
00:00 USD 企業在庫

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※

 


※クリックで拡大します

 

「作成日時 2016年1月10日(日)午後2時」

 

太田二郎のFXストラテジーはコチラ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

太田 二郎

FXストラテジスト 太田 二郎(ohta jiro)

FXのスタートはすでに35年近く前に遡る。外資系銀行でFXを学び現在に至る。米 系・英系・独系・オランダ系の外銀を経て、日本のFXリテー ル・ビジネスの草 分けとして米系支店の設立を経て、多くの個人投資家と関わりをもち、現在に至 る。現在は投資助言会社の業務部長を兼任し、頻度は 少ないながらも、セミ ナー講師をし、業界紙へFXコメントを掲載中。
信条は、「Once a dealer, always a dealer」教訓は、「FX Dealerは、全ての 面で人の手本となるべき」