ホーム > コラムの泉 > FXライター高城のFXの儲けの極意は 勝者に訊け > 秋川匡人さん(4)裁量と連続発注を併用

迷ったらココ!期間限定

7/26
2016

秋川匡人さん(4)裁量と連続発注を併用

今週も先週に引き続き秋川匡人(あきがわ・くにひと)さんについてです。

 

(秋川匡人さん(1)パチプロから連続発注注文へについてはコチラ!)

 

(秋川匡人さん(2)2015年は100万円を超える利益についてはコチラ!)

 

(秋川匡人さん(3)連続発注注文の違いはについてはコチラ!)

 

ドカンと増やすには裁量

 

連続発注注文をメインにここまで収益を順調に積み上げている秋川匡人さんだが、FXを始めたときのスタイルはスキャルピングだった。現在も連続発注注文と同時に裁量取引を同時に行なっている。

 

「連続発注注文だと、年利10%から20%くらいが限界。元手が1000万円あっても年100万円、200万円程度にしかならない。副収入として考えれば充分ですが、先行になるには足りない。ドカンと増やすには裁量取引も必要だと思います」

 

将来的には専業トレーダーへの転身も視野に?

 

「専業になりたいというよりは、仕事をしたくない(笑)。連続発注注文でも元手が5000万円くらいあれば、年10%で500万円。何もしない生活ができる。朝から晩までチャートを見てスキャルするというのは、いやですね」

 

~秋川さんの収益推移~
160726taka

 

三交代制の仕事をこなしながら取引

 

ただ裁量取引の損益は昨年までマイナス。今年、どうにか少額プラスに落ち込めるようになったという。

 

「勤務先が三交代制なもので、毎日決まった時間にチャートを見られない。同じ時間を定期的に見ていればクセもわかってくるのかもしれないのですが、それができないのは、ちょっときつい。それもあって、スキャルピングではなくデイトレからスウィングくらいの期間でトレードしています」

 

裁量口座の存在は、連続発注注文を補ってもくれる。

 

「今は豪ドル/円の68円から88円レベルに買いを設定していますが、68円を下抜けすると収入源がスワップ金利だけになってしまう。そのときは反発を狙って裁量口座で買っていくことも考えています」

 

天井、大底付近は裁量で狙う

 

買いの下限を68円に設定しているのは、「頻繁に値動きしている範囲」を考えれば理解できる。豪ドル/円の月足チャートを見ると、この10年は55円から107円の間で動いている。ところが、70円以下や100円以上で推移していた期間は非常に短い。

 

「連続発注注文は同じ価格帯を何往復もしてくれることで何度も新規と利益確定の取引を繰り返し、大きな効果を発揮してくれます。推移している時間が短い価格帯なら、裁量取引でも損益は大きくは変わりません」

 

そのため、100円以上や、60円前後のような天井、大底付近ではループ・イフダンを回すよりも、裁量でポジションをとったほうが効率的といった判断のようだ。

 

「それに今の80銭幅のような連続発注注文だったら、手動で発注することでもきる。忙しくはありますが、コスト面を考えればそのほうが有利なので、いずれ手動で発注するようにするかもしれません」

 

大量のイフダン注文をまとめて発注する手間はかかるが、80銭幅ならやれないことはない。連続発注注文を使いこなして、上手くFXと付き合っている秋川さんのやり方、兼業トレーダーには参考になりそうだ。

 

(市場健祐さん(4)「ウォルフ波動」の(5)を見抜くにはについてはコチラ!)

 

【プロフィール】
秋川匡人(あきがわ・くにひと)さん
三交制の製造業で働く兼業トレーダー。2013年からFXを始め、トラリピやループ・イフダンなどの連続発注注文を駆使し、これまでに200万円以上の利益。裁量トレードも同時に行なう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

高城 泰

投資ライター 高城 泰(takagi yasushi)

早稲田大学政治経済学部卒業。編集プロダクション「ミドルマン」所属。「週刊SPA!」や「ダイヤモンドZAi」など雑誌や書籍を中心に活動するマネーライター。「超カンタン一点突破FX」(扶桑社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作ったiPhoneでFX入門!」(ダイヤモンド社)などFX書籍のプロデュースを多数手がけている。

facebook twitter homepage