ホーム > コラムの泉 > FXライター高城のFXの儲けの極意は 勝者に訊け > カッパ先輩さん(1)2年で利益1.6億円!

迷ったらココ!期間限定

12/6
2016

カッパ先輩さん(1)2年で利益1.6億円!

今週から、カッパ先輩さんについてのコラムが始まります。

 

名ばかりの専業トレーダーだった4年間

 

「最初の4年間、正確には3年10か月の間は、ほぼ無職。『専業トレーダー』とはいうものの年間収支はマイナス10万円から20万円を行ったり来たりする程度で、収入はほぼゼロ。実家住まいだったので食事には困らなかったですが、ニートと変わらないですよね」

 

そう振り返るのは、専業トレーダーのカッパ先輩だ。「専業トレーダー」を名乗るのは自由だが、収入がなければ無職と変わらない。

 

「FXを始めたのは『ニコ生』(ニコニコ生放送)がきっかけでした。当時務めていた会社がサービス残業を強いるようなブラック企業。そのとき、ある有名FX生主の放送を見て、FXならひょっとしてお金を増やせるのかなと。サビ残(サービス残業)がいやでしたし、FXで稼げるなら稼ぎたいなと」

 

2011年、思い切って退職したものの、まったくの見切り発車だった。

 

過去のチャートを徹底的に検証する

 

「専業といっても1枚から5枚程度の取引がほとんど。デモでやっていた時期もあります」

 

とても専業とは思えない枚数だが、カッパ先輩はFXにしがみついた。

 

「当時は住宅のカタログを見ては『いつか稼いで新築するんだ』とモチベーションを高めていましたが一度、挫折したこともあります。FXはあきらめて介護関係の資格を取ろうと思ったんですが、それも難しそうだった。やはりFXしかないと思い、戻ってきました。この時期、ひたすらやっていたのが検証。メタトレーダー4(MT4)を過去にさかのぼりながら『このパターンだとこうなる』ということを徹底的に調べました」

 

覚醒後、月単位でマイナスになったのは2回だけ

 

長く続いた不遇の時代が終わり、カッパ先輩が勝てるようになったのは2014年10月だった。

 

「2回目の黒田バズーカが発射された月です。それからは月単位で見ると負けたのは2015年11月と今年10月の2回だけ。今はもうすぐ家を買えるところまできました」

 

勝てるようになってから2年。カッパ先輩が稼いだ金額は1億6000万円を超える。どんな考え方でトレードしているのか、聞いていこう。

 

カッパ先輩の累積利益推移

 

(カッパ先輩さん(2)基本はブレイク狙いについてはコチラ!)

 

(カッパ先輩さん(3) ブレイク狙いのポイントはについてはコチラ!)

 

(カッパ先輩さん(4)2億円達成を急ぐ理由についてはコチラ!)

 

【プロフィール】
カッパ先輩
2011年にFXを始めるが約4年間の間、稼げない時期が続く。2014年10月以降、収支がプラスに転じ、2016年11月まで累積利益は1億6000万円。トレードスタイルはダウ理論をもとにしたスキャルピング。低い勝率を1トレードの大きな利益で挽回していくブレイクアウト狙いを基本とする。ツイッターのアカウントは「@yamakin4649」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

高城 泰

投資ライター 高城 泰(takagi yasushi)

早稲田大学政治経済学部卒業。編集プロダクション「ミドルマン」所属。「週刊SPA!」や「ダイヤモンドZAi」など雑誌や書籍を中心に活動するマネーライター。「超カンタン一点突破FX」(扶桑社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作ったiPhoneでFX入門!」(ダイヤモンド社)などFX書籍のプロデュースを多数手がけている。

facebook twitter homepage