ホーム > コラムの泉 > FXライター高城のFXの儲けの極意は 勝者に訊け > カッパ先輩さん(4)2億円達成を急ぐ理由

迷ったらココ!期間限定

12/27
2016

カッパ先輩さん(4)2億円達成を急ぐ理由

今週は、カッパ先輩さんについて最終章です。

 

(カッパ先輩さん(1)2年で利益1.6億円!についてはコチラ!)

 

(カッパ先輩さん(2)基本はブレイク狙いについてはコチラ!)

 

(カッパ先輩さん(3) ブレイク狙いのポイントはについてはコチラ!)

 

「ファーストタッチ」は枚数を抑えて

 

ポートやレジスタンス、「ちょうど」の節目のブレイクアウトを狙うとき、困るのが抜けそうで抜けなかったり、少しだけ抜けてすぐ戻ってしまうダマシの動き。カッパ先輩はどう対処しているのだろうか。

 

「ラインへの『ファーストタッチ』は大きな利益確定が入りやすい傾向があります。上にあるレジスタンスラインのブレイクなら、それまで買っていた人が『レジスタンスで利益確定しておこう』と考えるためです。ただ、もちろんファーストタッチでブレイクする場合もあるため、いちおうエントリーしますが、枚数は抑えめです」

 

ファーストタッチでブレイク失敗しても再度、ブレイクを狙っていく動きが出てくる場合も多い。

 

ブレイク失敗後のローソク足にも注目を

 

「ファーストタッチで失敗し、二回目も失敗して、ゆっくりとギザギザしながら戻ってくる。それでも3回目、4回目のブレイクをトライしていくような動きがいちばん熱いですね。ブレイク失敗後になるべくゆっくりとしたギザギザ、たくさんのローソク足を使ってからのブレイク狙いだとブレイクする可能性が高いと考えています」

 

ブレイク失敗後に1分足がどんなパターンを描くのかも、気にするのがよさそうだ。

 


※クリックで拡大します

 

気がかりはスプレッドの拡大傾向

 

資金量が増えてきたカッパ先輩、FX会社対策も欠かせなくなっている。

 

「先日の雇用統計では使っている口座のひとつでシステムがダウンしてチャンスを逃しましたし、約定ボタンを押しても4秒、5秒待たされることもある。また、D社では使い始めて30分で口座凍結の連絡がきました(笑)。最近では少しレートが動いただけでスプレッドが開きやすい傾向が目立ってきているのも気がかりです」

 

2年で1.6億円を稼いだカッパ先輩だが、ペースを緩めるつもりはない。

 

「今のような環境でいつまでも取引できるとは限りません。市場環境が変わって手法が通用しなくなるかもしれないし、スプレッドが拡大するかもしれない。だから、早く2億円を達成したいですね。なんとか来年中には――」

 

名ばかり専業トレーダーの4年間を経て脅威のペースで稼ぐカッパ先輩。この調子なら2億円達成も遠くなさそうだ。

 

【プロフィール】
カッパ先輩
2011年にFXを始めるが約4年間の間、稼げない時期が続く。2014年10月以降、収支がプラスに転じ、2016年11月まで累積利益は1億6000万円。トレードスタイルはダウ理論をもとにしたスキャルピング。低い勝率を1トレードの大きな利益で挽回していくブレイクアウト狙いを基本とする。ツイッターのアカウントは「@yamakin4649」。

 

高城泰の「FXライター高城のFXの儲けの極意は 勝者に訊け」は羊飼いのFXブログに移行します。これまでご愛読頂き、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

高城 泰

投資ライター 高城 泰(takagi yasushi)

早稲田大学政治経済学部卒業。編集プロダクション「ミドルマン」所属。「週刊SPA!」や「ダイヤモンドZAi」など雑誌や書籍を中心に活動するマネーライター。「超カンタン一点突破FX」(扶桑社)、「めちゃくちゃ売れてるマネー誌ZAiが作ったiPhoneでFX入門!」(ダイヤモンド社)などFX書籍のプロデュースを多数手がけている。

facebook twitter homepage