ホーム > コラムの泉 > 為替ディーラーYEN蔵の為替相場のテーマはコレ! > イベントを通過して

迷ったらココ!期間限定

3/21
2017

イベントを通過して

直近の為替相場のテーマはコレ!イベントを通過して

 

14~15日に行われたFOMCでは予想通りFF金利を0.25%引き上げ誘導目標を0.75~1%とした。利上げは予想通りだったが、FOMCのスタンスは市場が予想していたよりはハト派的と見られ、そのことがドルの下落を加速させた。

 

まず発表されたドットチャートでは、2017年末のFF金利の水準が1.25~1.5%の位置に9人のメンバーが表示された。2016年12月の時点と中央値の変更なしで2017~2018でそれぞれ3回の利上げ予想となった。平均値では2017年は1.368→1.404%へ、2018年は2.228→2.316%に上方修正された。
平均値ではやや上昇となったが事前に2017年で4回の利上げ可能性の思惑が広がったにもかかわらず年3回となったことで米長期金利が低下し(10年債利回りは2.6%→2.5%に低下)たことでドル円は114円台から113円台に下落した。ドルインデックスは週間では101.34→100.31に1.04%の下落となった。

 

週末はドイツでG20が行われた。米国の強い姿勢と他の国とのスタンスのずれが見られたが、それが対立というところまで加速しなかった。一方で為替に関しては従来の文言を踏襲し、為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済および金融の安定に対して悪影響を与ええることを再確認する、為替市場に関して緊密に協議する、通貨の競争的な切り下げを回避することや競争力のために為替レートを目標にしない、これらを含む以前の為替相場のコミットメントを再確認するとした。

 

為替に関して通貨安政策を牽制していたトランプ政権だが、今回のG20では為替に関しての文言の変更は無く、とりあえずこれを受けて大きな変動にはつながらないだろう。
FOMCまでの利上げ期待によるドル高の調整が今行われているところだろう。
週明けのアジア市場ではG20の結果を受けてややドル売りが進んでいるが、大きな動きとはなっていない。

 

今週は月曜日のエバンズ・シカゴ連銀総裁から始まり、多くの地区連銀総裁の発言が予定されている。また23日にはイエレンFRB議長の発言が予定されており、先週のFOMCに関して再度メンバーたちの発言があり、これにより市場が動く可能性が高いので注目したい。

 

今週はFOMC以降のドル安の流れが継続しているが、それがどこまで続くのか、あるいは依然としてレンジなのか見極める週となろう。
112円台に下落したドル円だが112.50割れからは本邦蚊の買いも出ており111~115のレンジが継続しているのではないだろうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

田代 岳

アナリスト 田代 岳(tashiro gaku)

シティバンク銀行、スタンダード・チャータード銀行で、金融、マーケット部門で仕事をし、為替ディーラーとして活躍。マーケット部門の中で外国為替、金利、債券の取引を行い、資金の運用を担当した経験を活かして、日本の個人や中小企業に正しい金融情報を伝え、日本人の資金の有効活用、しいては金融で日本人を元気にすることが使命であると考えている。投資家向けのみならず、現在は一般の方や中小企業向けにわかりやすく話す講演やセミナーも人気である。

twitter homepage