ホーム > コラムの泉 > FXストラテジスト 太田二郎の今週の為替相場 展望と注目材料 > 今週の為替相場を考える(3月27日~3月31日) 今週の主な材料(3月27日~3月31日)

迷ったらココ!期間限定

3/27
2017

今週の為替相場を考える(3月27日~3月31日) 今週の主な材料(3月27日~3月31日)

「トランプ政権への政策実行に対する信任度合いは?」。ヘルスケア法案の採決は突然中止され頓挫、今後のトランプラリーはどうなるの? 修正後の新入国制限令も、ハワイ州やメリーランド連邦地裁判事が差し止め命令を出したままである。今週の材料でも記載しているが、たぶんどのFXコメントを見ても同じことを言っていることと推測され、これが今週の市場参加者の最大の注目点であることは間違いない。

 

ムニューシン米財務長官曰く「金融市場がトランプ大統領の経済政策による成長余地を完全に織り込めば、著しく改善する可能性がある」と期待感を残し、多くのFOMCメンバーからはトランプ政権の規制緩和と財政拡大政策を期待する声と、追加利上げの余地を示唆する発言は相変わらず多いがが、全てが予想通りになるとは限らない可能性が高い中、FF金利先物市場は6月の利上げ期待度がやや低下している。

 

今のところ、市場参加者(特に個人投資家)の米株に対する強気姿勢に大きな変化は見られないが、※別表の通り3月1日をピークにして米株の下げが続いていることも気になる。

 

20170327ota1

 

円相場と株式相場の連動制は高いものがあり、円高支持派の必要・十分条件は米株の続落であることは間違いない。その期待通りに事が運ぶのか? 今週のトランプ政権の動きを見守る以外になさそうで、結果としてテクニカルで売買を選択する市場参加者が多いことであろう!

 

※過去3週間の週終値ベースの変化を見ていただきたい。

 

20170327ota2

 

20170327ota3

 

こちらのグラフでもわかる通り、先週一週間の変化を見ると、米金利の低下や株価の低下もあり、安全資産の円買いも作用し、USDJPYの下落率は−1.22%と大きく、AUDUSDも-1.04%と予想外に大きい。円はクロスでも円高となっているが、結果的にAUDJPYは-2.25%、CADJPY-1.49%、NZDJPY-1.02%と資源価格に敏感な通貨+リスク回避時に弱い通貨で円高傾向となっていることがわかる。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の【通貨ペア別のレンジ予想】
冒頭に記載している通り、「トランプ政権への政策実行に対する信任度合」で今週のドル相場の流れは大きく変わってくることは間違いなく、主要通貨でもテクニカルポイントを見ながら二通りの筋書きを描いておく必要がありそう。

 

◎USDJPY【予想レンジ 110.50~112.50】
米金利と米株への影響が大きい、トランプ政権への政策実行に対する評価で円相場が動くことは間違いないが、それ以外でも、籠池氏問題の日本国内問題や、北朝鮮政策で強気のマティス米国防長官もあり北朝鮮のICBMや核実験の可能性など、周りを見渡せば円独歩高になることだけを信じることのリスクも頭も片隅で気になってしょうがない。

 

長期のテクニカルでは110~125円の相場の中で推移し、目先は110~120円の下限にある円相場。予想外に110円台を達成したことで、中期的な円ショートの巻き戻しと、3月期末を前にしてリパトリの円買いが主導した円高相場となっているが、この要因からの円買いも徐々に解消してくると思われる。今回の円高局面を終えるには112.50円を超えてくることが必要となりそうもある。

 

=======================================

 

◎EURUSD【予想レンジ1.0650~1.0850、1.0700~1.0850→1.0950】

 

ノボトニー・オーストリア中銀総裁は「ECBとして利上げを債券買い入れプログラムの終了前にするか、後にするか今後決定すると」と発言。実現の可能性は英国のEU離脱開始後の市場の動きや、トランプ大統領の政策実行の有無とその結果次第であることは間違いないが、市場はECBの12月の利上げの織り込み度と高めながら現在に至っている。

 

EURUSDは、3月初旬までは1.05の壁をボトムに維持できるか注目されていたが、それが現在は1.08台までボトムアップし1.0850の大きな壁を超えられるかが現時点のテーマとなっている。また、フランス大統領選の世論調査委では、1回投票では引き続き極右もルペン氏の支持率は高いが、決戦投票ではマクロン氏の支持が圧倒的であることや、米独国債利回りの格差の縮小もユーロのプラス要因となっている。

 

=======================================

 

◎GBPUSD【予想レンジ 1.2350~1.2550、1.2400~1.2550→1.2700】

 

Weeklyチャートでは1.200~1.2800のレンジで推移しており、過去2週では1.25台を上限に上値は重くなっているのが気になる。29日からメイ首相はリスボン条約50条を発動し、EUに対して正式な離脱通告を行う。ここまでの過程で十分市場は織り込み済みで新たなポンド売り要因になるとは考えにくいが、ユンケルEU委員長は「英国はEU離脱で約500億ポンドの支払いが必要」と繰り返すなど、費用の負担金額は今後のテーマの一つになりそうでもある。

 

BOEのブロードベントBOE副総裁は「EU離脱後の英国の先行きに関して投資家の間で強い懸念がある」と指摘するなどマイナス要因が払しょくできているわけではい、潜在的なポンドの売り材料にされそうである。一方、金利は上昇する可能性があると、予測はかなり緩やかな上昇に限られるが、それでも上昇するだろうと、将来のBOEの利上げ期待は残る。

 

=======================================

 

◎AUDUSD【予想レンジ 0.7500~0.7750】

 

商品価格の下落も、CRBインデックスからは3月14日に181.55とボトムをつけた後は、183~185のレンジの底辺水準で推移している。WTIは47ドルをボトムに下げ止まっているも上昇力は乏しく、VIX指数は10.50~13.00のレンジを先週末に一時上抜けしたが、終値ベースではこのレンジを維持。

 

3月16日の予想外に弱かった豪雇用統計にも0.7550台をボトムに一時0.7750近くまで上昇、0.7700の大台を維持できるか見守っていたが、結局は0.7620台まで値を下げ市場の豪ドル高の期待感が削がれているが、今週も、0.7700~0.7750の上値水準が意識されやすく、この水準を超えるまでは再上昇も期待薄。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の主な材料(3月27日~3月31日)

 

「トランプ政権への政策実行に対する信任度合いは?」。これが今週の重要な材料の一つとなることでしょう! ヘルスケア法案の採決は突然中止され頓挫、トランプラリーの今後は?   

 

ムニューシン米財務長官は、「金融市場がトランプ大統領の経済政策による成長余地を完全に織り込めば、著しく改善する可能性がある」と言い、「トランプ大統領の政策により、3.0~3.5%の成長率が実現できるだろう」と発言。「ドルの強さは米経済への信頼を反映」と発言もしていますが、現時点からさらに、将来の期待感を市場に織り込むことができるのでしょうか?

 

それ以外では、3月29(水曜)には「英国のEU離脱手続がスタート」EU基本条約(リスボン条約)50条を発動し、EUに対して正式な離脱通告を行う日に当たります。すでにスケジュールは発表済みで、混乱などが発生することは予想していませんが、象徴的な日になることでしょう。

 

今週から英国・欧州は冬時間が終了、夏時間に移行(3月26日~10月29日)に突入しますので、欧州の早出が取引を開始する時間が早まることが見込まれます。

 

また、来週(4月2日~)から シドニー・ウエリントン市場は夏時間終了し冬時間へ移行し、早朝のオセアニア市場の動きにやや変化を及ぼす可能性もあります。

 

【経済指標から】 
3/30(木) 米第4四半期・GDP確報値ですが、前期比年率の予想は前回1.9→2.0%へと上方修正が予想されています。

3/31(金)日本全国消費者物価指数で、前年比は前回0.4→0.3%の低下が、コアでは0.1→0.2%の上昇が見込まれていますが、日銀の金融政策への影響は考えられません。

3/31(金)英第4四半期・GDP確報値は、前期比0.7%、前年比2.0%と前回と変わらずの予想となっています。

3/31(金)米個人消費支出は、予想0.2%と前回と変わらず、注目のコアPCE価格指数も0.3%と前回と変わらずの予想となっています。

3/31(金)カナダGDPは、前月比0.3%と前回と変わらず、前年比は1.8%と前回2.0%から低下が予想されています。

 

【発言から】
今週も米地区連銀総裁やFRB理事ら、相変わらず米国発が多く予定されていますが特に注目しているのは、
3/28(火)イエレンFRB議長の講演と、ボロズカナダ中銀総裁の講演です。

 

詳しくは、今週の予定表でご確認ください。

20170327ota4
20170327ota5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

太田 二郎

FXストラテジスト 太田 二郎(ohta jiro)

FXのスタートはすでに35年近く前に遡る。外資系銀行でFXを学び現在に至る。米 系・英系・独系・オランダ系の外銀を経て、日本のFXリテー ル・ビジネスの草 分けとして米系支店の設立を経て、多くの個人投資家と関わりをもち、現在に至 る。現在は投資助言会社の業務部長を兼任し、頻度は 少ないながらも、セミ ナー講師をし、業界紙へFXコメントを掲載中。
信条は、「Once a dealer, always a dealer」教訓は、「FX Dealerは、全ての 面で人の手本となるべき」