ホーム > コラムの泉 > 現役チーフアナリスト武市の勝率UPに導くテクニカル手法 > 現在は“心理的な節目”の意味合いのみ 、115円突破で“全戻しの期待”…!?

迷ったらココ!期間限定

5/12
2017

現在は“心理的な節目”の意味合いのみ 、115円突破で“全戻しの期待”…!?

 「あの警戒感(円高・ドル安)は何だったのか…?」 そんな声が聞こえてきそうな動きを、ドル円は見せています。“政局リスク(仏大統領選)”“地政学的リスク(北朝鮮&シリア)”を早々に織り込んだマーケットは、買い戻しを加速させているからです。

 

20170512take1

 

 “50日移動平均線(当時111.70円 ①)”“日足・一目均衡表先行スパンの雲(112.30-86円 ②)”“100日移動平均線(同113.30円 ③)”、さらには“16/12/15~17/4/17の50%戻し(113.395円 ④)”を相次いで突破したドル円は、114円台に到達しました(9日 ⑤)。その後は上値を押さえられていますが、“115円回復(突破)への期待”がさらに膨らもうかといった状況といえます。

 

20170512take2

 

 一方で、115円台は“因縁の水準”でもあります(⑥)。「知ったら終い(しまい)」で押し戻された3月FOMC時の動き(⑦)は記憶に新しく、また“心理的な節目”であることから“オプション絡みの防戦売りの噂”が付いて回ります。上値が重くなりやすく、突破するのは容易ではありません。

 

 ただし今回に関しては、後者に関する噂がほとんど聞こえてきておりません。「聞こえてこないだけ」といった可能性は残りますが、年度末だった前回とは状況が異なっているのも、また事実です。つまり「3月規模まで膨らんでいない可能性」があり、そうだと仮定すれば「次回FOMC(来月13-14日、なお13日には一目均衡表の雲にネジレ発生 ⑧)までの日柄」「政治的なイベント一服というスケジュール感」等を鑑みると“つけ入る隙は十分”ということになります。

 

20170512take3

 

 改めてチャートを見ると、“200日移動平均線”を上放れた(⑨)ことで“ボトムアウト”した後は、冒頭で記したように順調に抵抗ラインをこなし続けてきました。114.30円水準で現在は上値を押さえられていますが(⑩)、しかしテクニカル的には“同61.8%戻し(114.637円 ⑪)”まで主だった抵抗ラインが見当たりません。つまり“中途半端な水準”で押さえられている格好であり、それでいて越えたところに “115円の大台ライン”が迫っています。

 

20170512take4

 

 “心理的な節目”の意味合いが強いとするならば、もたつかずに突破する可能性は十分…。本日予定される米小売売上高/米消費者物価指数は“共にプラス転換”が見込まれるなど、ファンダメンタルズ的な期待も膨らむところです。まずは“115円の大台ライン(⑫)”がメドとなりますが、“3/10高値(115.491円 ⑬)”を経て、年初来高値とも合致する“全戻し(昨年12/15高値:118.658円 ⑭)”まで期待は募るところです。

 

(2017年5月12日執筆)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

武市 佳史

ファイナンシャル・プランナー 武市 佳史(takechi yoshifumi)

大阪府出身。ファイナンシャル・プランナー(AFP)、テクニカルアナリスト。
日本におけるFX(外国為替証拠金取引)の草創期より業務に従事。数多くの一般投資家と接しながら、現在はFX大手「マネーパートナーズ」のチーフアナリストとして、為替コラム執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿している。「初心者には分かり易く、上級者も納得」がモットー。