ホーム > コラムの泉 > FXストラテジスト 太田二郎の今週の為替相場 展望と注目材料 > 今週の為替相場を考える(5月15日~19日)

迷ったらココ!期間限定

5/15
2017

今週の為替相場を考える(5月15日~19日)

今週は経済指標や発言を除けば、やや漠然となるが週内の相場変動を含めて、今後へと継続する重要なテーマが多い。①コミーFRB長官の解任劇に伴うトランプ政権への信認度と政策実行への疑問、②FRBの利上げ確率と米金利の行方(6月14日のFOMC)、③仏国民議会選挙(6月11日、18日)、④英国の総選挙(6月8日)、⑤北朝鮮問題と米国の対応。

 

① コミーFRB長官の突然の解任劇の詳細は割愛するもトランプ政権へ信認度の低下の有無と、それによりトランプ大統領の政策実行に何らかの支障があるのか? 16日に米上院情報委員会の非公式公聴会でコミー前FBI長官の証言が予定されており内容によってはドル相場の動きも変わってくる。

 

先立つこと11日に上院情報委員会の公聴会で証言したマッケイプFBI長官代行は、コミー前FBI長官を擁護し、「今後も米大統領選でロシアの関与を巡りFBIは操作を継続する」とし、「捜査に干渉するような政治的圧力を受けた場合は議会に報告する」発言をしている。

 

② 米国6月14日の米利上げ確率と米金利の動きも、為替相場に大きな影響を与えるので注視したい。先週末に発表された米小売売上高と消費者物価指数の結果を受けて、6月の利上げ確率はやや低下したものの引き続き高い確率で利上げを織り込み、年内残り計2度の利上げを変えるような材料は今のところ見当たらない。ただ、①の政局次第では、米株と米金利への影響は避けられず。

 

③ 5月7日の仏大統領選の決選投票で中道・独立系のマクロン氏が勝利し直前の重要なイベントはひとまず決着した。仏国民議会選挙が6月11日、18日に予定され自身が率いる新興政党の「前進」がどこまで議席を伸ばすことができるか? 政局の安定と政策実行への動きに影響するだけに注目される。

 

④ 英国では5月4日の英地方選で保守党が圧勝し、6月8日の総選挙で保守党が勝利する可能性が高いと思われている。蛇足ながら、ドイツではメルケル独首相の支持率も盛り返し、9月24日のドイツ連邦議会選挙
も期待できる。

 

今週の為替相場を考えると、上記の動きを、今週の主な材料で示している、今週の重要な予定を合わせて考える必要がある。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の【通貨ペア別のレンジ予想】

 

◎USDJPY【予想レンジ 112.60←113.00~114.00→114.40】

 

トランプ政権の安定と米利上げ期待度が引き続き相場をリードすることが前提となるので忘れてはならない。

 

USDJPYの週足は4連騰で円安相場が続いているが、先週は115円を目標としながら失敗し、3日間続いた114円台では高値が114.30円台でそれも維持できず113.20台まで一時下落。米株と米金利の低下に、週足ベースでは上昇率は弱まり、円クロスでも前週比の上昇も見られず。

 

テクニカルでは、引き続き1時間足では200時間SMA=113.14円を維持し、この水準がボトムとして重要で、113.00の大台を割り込むと、仏大統領決選投票明けのギャップを埋め112.60台がターゲットになってくる。上値は、先週末の急落後の戻り高値113.50~55、そのスタート地点113.90円、先週までの高値114.30台。

 

IMM通貨先物の円ポジションでは、円のネットショートは-36,307まで大幅に減少しながらも、引き続きショートで円先安期待を維持している。

 

USDJPYのオプションでリスクリバーサル-0.45へやや低下気味ながら、ドルプットオーバーで変わらず、オプションの世界で円先高を意識している。

 

=======================================

 

◎EURUSD【予想レンジ1.0800~1.100】

 

トランプ政権の安定と米利上げ期待度が引き続き相場をリードし、仏国民選挙の動きやECBの政策の変化の有無と、ユーロ圏発の第1四半期GDPの速報値が相場変動の前提となる。

 

EURUSDは、4月24日に仏大統領選の第1次投票の結果を受け、窓を空けて始まったユーロ高の流れは、決選投票の結果を受けて引き継がれ、1.10台を高値に1.0850近辺をボトムに引き続き維持されている。

 

テクニカルでは、200時間SMA=1.0910が分水量となり、売りから買いへと再び変化し、この水準が重要となっている。200日SMA=1.0831にありこれを割り込むまでは本格的な売りへの変化も期待できない。上昇トレンドの上限からは1.1040近辺が上値のターゲットになっている。

 

IMM通貨先物の円ポジションでは、ユーロが2014年5月6日以来、実に157週間ぶりにネットポジションがショートからロングへと変化。市場のセンチメントが大きく変化している可能性を意識したい。 EURUSDのオプションのリスクリバーサルでは、ユーロコールオーバーへと先週変化が始まっており、ユーロの先高期待を意識している。

 

=======================================

 

◎GBPUSD【予想レンジ 1.2800~1.2950】

 

英国のEU離脱交渉はそう簡単に決着がつくものではなく、長期間にわたりそれぞれの局面で投機的な動きに変化が生じることは避けられず。目先はメイ首相が選択した6月8日の総選挙の動きと、英国発の経済指標が今週の相場変動の前提となる。

 

GBPUSDは、EURUSDと同じで、仏大統領選の第1次投票の結果を受け急伸したポンド高の流れは、決選投票の結果を受けて引き継がれている。1.300の大台を達成できずに伸び悩みながらも、調整による売りの少なく1.2800台をボトムにして、底堅い動きが続いている。

 

テクニカルでは、200日EMA=1.2800をボトムにした流れは継続し、先週は200日EMAの高値水準のデータとなる1.2855近辺で下げ止まりながらも、EURGBPの影響なのか上昇力は鈍い。短期的には200時間SMAを割り込んでから売りが強まり、現在は1.2922に位置している。

 

IMM通貨先物の円ポジションでは、ネットショートの常連ながらシートは34,566減少し-46,798コントラクトになっている。逆にネットショートが急拡大したカナダドルに一位の座を譲り渡しており、ショートが4万6千台となった過去を調べると、2016年7月5日以来のことで、市場のセンチメントは変化している可能性は高い。GBPUSDのオプションのリスクリバーサルでは、-0.2%のポンドプットオーバーで変わらずあだが、傾向としては低下を続けている。

 

=======================================

 

◎AUDUSD【予想レンジ0.7300~0.7550】

 

トランプ政権の安定と米利上げ期待度が引き続き相場をリードし、中国の経済成長と原油価格・商品価格の影響を受けやすい。

 

いつもながら期待を裏切る動きに、あまり手を付けたくない通貨ペアであるが、どうしても安い=買いやすい誘惑に駆られてしまい、失敗することが多い。先週後半には0.7330台をボトムに一時0.7420台へと、200時間SMAを上抜けして上昇期待が強まったが結局は再度割り込み0.7380台で終わっている。

 

Weeklyチャートでは0.7300~0.7500のレンジに入っているように思えるが、0.7550を上抜けすれば再上昇の可能性を残している。200日SMA=0.7550近辺に位置し、この水準が上値のポイントになりやすい。

 

IMM通貨先物の豪ドルポジションでは、スポット相場に反して、ネットではロングを維持しており、市場の豪ドル先高センチメントを示している。逆に、AUDUSDのオプションのリスクリバーサルでは、-0.75と豪ドルプットオーバーで引き続きこの水準で推移している。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の主な材料(5月15日~19日)

 

米国と北朝鮮の不確実性が為替相場の不安材料となっている。突然の辞任劇となったコミー前FBI長官の議会証言が16日に予定されている。また、14日の早朝にも弾道ミサイルを発射した北朝鮮の不確実性のリスク要因は変わらずで、今後の動きが気になる。

 

さて、今週の経済指標や発言からは米国発の最重要な発表は少なく、他の主要国発の材料で相場が動く可能性が高くなっており、以下は国別の主な材料で注目度は比較的高いものを挙げてみた。

 

≪ユーロ圏・英国≫
5/15(月)ギリシャ第1四半期GDP・速報値は、ユーロ相場への影響度は少ないと思われるが、国際債権団と改革案で合意しているが、ギリシャ支援融資の再開に向けて個人的に引き続き注目している。

 

5/16(火)4月の消費者物価指数・小売物価指数は、BOEが公表した先週の四半期インフレ報告で、インフレ率見通し、2017年2.4→2.7%引き上げていることもあり、共に前年比の予想値2.3%と3.4%を達成できるか注目したい。

 

5/16(火)ユーロ圏第1四半期GDPは速報値で、通常サプライズは少ないが、先週に欧州委員会がユーロ圏2017年 GDP伸び率予測1.6→1.7%へ上方修正していることもあり、前年比が予想通り1.7%に届かない場合のインパクトは大きい。

 

5/17(水)英雇用統計は、失業率はOILベースで4.7%の予想で、失業者数増減の予想値はないが、平均賃金の伸び率と合わせ相場が動くことも多く注目している。

 

5/17(水)ユーロ圏消費者物価指数は確報値で、通常は大きな変化は見られないが、前月予想0.4% 前回0.8%、前年比予想1.5~1.9% 前回1.9%と弱さが目立つ予想となっている。

 

5/18(木)英小売売上高は、前月比1.0% 前回は-1.8%で、除く自動車燃料を含め改善が予想されている。

 

≪豪州・NZ≫
5/15(月)NZ第1四半期の小売売上高は、予想値は確認できなかったが、四半期比のデータで変動が大きいことが多く注意したい。

 

5/16(火)豪中銀議事録(5月2日分)では、豪中銀が政策金利1.5%の据え置きを予想通り決定していたが、経済成長について楽観的な見方を示し一時AUDUSDは上昇するも、賃金の伸びは「当面の間」鈍い状態が続くと予想の一文が追加となり、上値が重くなった経緯を意識したい。

 

5/18(木) 豪雇用統計は、失業率5.9%と変わらずの予想で、就業者数は減少が予想されている。いずれにしても、直後の変動率は高いので注意したい。

 

≪中国≫
5/15(月)中国小売売上高、鉱工業生産、固定資産投資と、重要は経済指標の発表が続く。基本的に予想から大きくかい離することは少なく、サプライズ時の豪ドル相場への影響を注意。

 

≪カナダ≫
5/19(金)カナダ消費者物価指数と小売売上高の発表があり、カナダ発の経済指標としてはともに重要で、同時刻に米国の経済指標の発表もなく、カナダドルに限定するが相場変動リスクの高い可能性がある。

 

≪米国≫
5/18(木)米国の新規失業保険申請件数はいつもながら注目度は高いが、反応にはむらが多い。

 

5/18(木)米10年物インフレ連動債入札(110億ドル)リオープンは、市場のインフレ見通しの動向を判断する上で注目している。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

詳細は別表をご覧ください。20170519ota1

 

20170519ota2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

太田 二郎

FXストラテジスト 太田 二郎(ohta jiro)

FXのスタートはすでに35年近く前に遡る。外資系銀行でFXを学び現在に至る。米 系・英系・独系・オランダ系の外銀を経て、日本のFXリテー ル・ビジネスの草 分けとして米系支店の設立を経て、多くの個人投資家と関わりをもち、現在に至 る。現在は投資助言会社の業務部長を兼任し、頻度は 少ないながらも、セミ ナー講師をし、業界紙へFXコメントを掲載中。
信条は、「Once a dealer, always a dealer」教訓は、「FX Dealerは、全ての 面で人の手本となるべき」