ホーム > コラムの泉 > FXストラテジスト 太田二郎の今週の為替相場 展望と注目材料 > 今週の為替相場を考える(6月12日~6月16日)

迷ったらココ!期間限定

6/12
2017

今週の為替相場を考える(6月12日~6月16日)

相場は波乱を欲しているのでしょうか? 英国民のEU離脱の選択、米国民によるトランプ氏の大統領への選出、そして、今回の英総選挙ではメイ首相の与党惨敗。

 

英国のEU離脱のプロセスを確固たるものにするため選択した総選挙の前倒しは裏目にでましたが、2019年3月のEU離脱のスケジュールに変化はなく、ポンド相場も投票締め切り直後のBBC出口調査で急落してからは大きな変化はありませんでした。選挙直前の世論調査で過半数届かずとの報道もあったことで、オプション市場ではポンド下落リスクを織り込み済みで、FXでは下げ幅は予想外に少なかったとも言えるでしょう。ただし、与党が単独で過半数を維持できなかった結果の悪影響の有無が今後の問題です。

 

先週のコミー前FBI長官の証言で、FBIが捜査していたフリン氏のロシア介入疑惑に絡む捜査で、トランプ大統領から圧力をうけて結果的に解任に追い込まれたと推測されます。トランプ大統領や彼の弁護士は真っ向から関与を否定しており、それが司法妨害事件に当たるかの判断は特別検察官の捜査待ちですが、トランプ大領領の政治的な吸引力はさらに弱まっていることは否定できません。ちなみにコミー氏はオバマ政権からも、ヒラリー・クリントン氏の個人的メールの機密文書問題で、不適切な圧力を感じていたとも証言しています。

 

前置きが長くなりましたが、今週最も注目しているのは14日のFOMCです。市場では14日の利上げの可能性をほぼ100%織り込み、12月の追加利上げを織り込みながら、ドル相場は現在の水準を維持していることを考えれば、異なる結果でドル円相場が動くことは間違いないでしょう。

 

FOMCで利上げをしなければサプライズですドル売りですが、仮にFOMCで0.25%の利上げを実施しても、次回の追加利上げの可能性が弱まることにでもなれば、ドル売りへと変化する可能性が高くなりそうです。最近の強さがみられない米経済指標と、第2四半期から回復するといわれていたインフレ指標が弱いことです。5月12日の米CPIでは前年比2.4→2.2%、コア前年比2.0→1.9%に低下し、5月30日のコアPCE価格指数も1.6→1.5%へ低下、6月1日の米ISM製造業景況指数の仕入れ価格は68.5→54.9へ低下、6月5日の非製造豪の仕入れ価格は57.6→49.2へ低下しています。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の【通貨ペア別のレンジ予想】

 

◎USDJPY【予想レンジ109.50~111.50】

 

政治的な圧力が円相場に与える影響はひとまず過ぎ、今週は日米の金融政策の結果で円相場が変動する可能性が高くなっています。FOMCの0.25%の利上げを織り込み、次回12月の追加利上げの可能性を織り込み、日銀の据え置きを織り込みながら、ドル円相場は110円台半ばで安定推移していると考えていいでしょう。

 

直近では日本のデフレ懸念は弱まりつつあるとの見方増えていることが気になります。16日の金融政策決定会合で出口戦略を巡る議論で「市場との対話を重視する方向に修正しつつある」との一部報道もあり、黒田日銀総裁の記者会見で言葉の変化があれば一時的に円高へ動くと思われますが、現状と変化がなければ失望的な円売りになる可能性も否定できません。

 

テクニカルでは、109.10台をボトムにし日足で7日、8日、9日と3連騰しながらも、6日の高値110.51を終値ベースでは上抜けすることはできずにいます。今週はこの水準を日々終値ベースで超えられるか、さらに111円の大台を超えられるかを注目しています。ローソク足の週足ベースではオープン・クローズがほぼ同水準で下髭の長いドル買いへの転換線となっている可能性もあり、日足のポイントを合わせて考える必要がりそうです。

 

IMM通貨先物の円ポジションでは、円のネットショートは-52,275→-55,027とショートが小幅拡大していますが、昨年11月29日にショートに転じてから過去28週の平均-53,787とほぼ同水準で安定した動きが続いています。USDJPYのオプションでリスクリバーサルではドルプットオーバーは変わりませんが、1Wは-1.55→-1.20へ、1Mでは先週末-1.35→-1.20%とやや低下気味でで、円高思考がやや弱まってきています。

 

=======================================

 

◎EURUSD【予想レンジ 1.1100~1.1250】

 

EURUSDは、FOMCの結果と追加利上げの有無が最も重要ですが、英総選挙に比べれば一段と注目度は低いのですがフランス議会下院選挙第一回(日本時間、6月11日午後3時~12日午前3時)、決戦投票(6月18日午後3時~19日午前3時)の結果が気になります。マクロン氏の独自政党「前進」がどれだけ得票することできるのでしょうか? 支持基盤が盤石になればユーロ圏の政治的な安定につながり、ユーロ相場にとってはプラスに反応することでしょう。

 

テクニカルでは、200日SMA=1.0830をベースに上昇傾向を続けていますが、1.1300の大台をクリアすることはできず、GBPUSD下げの影響に200時間SMA=1.1227を割り込んでからは、売りの流れが強まり小幅ながら3日間続落となっています。週足のローソク足でははらみ線が出ており、売り変化の可能性もありますが、中期的には前週の安値水準となる1.11絡みでは逆に買い圧力が強いと考えます。

 

IMM通貨先物の円ポジションでは、ユーロのロングは5週連続し、ネットでは+72,869→+74,009コントラクトへ拡大し、2013年10月22日の水準を超え2011年5月3日の+99,516に次ぐ水準となっていますが、先週同様に過熱感は感じられません。EURUSDの1mオプションのリスクリバーサルでは前週の0.00%と変わらずですが、長期ではユーロプットが縮小する傾向にあります。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の主な材料(6月12日~6月16日)

 

今週は、政治的な材料は乏しい半面、利上げ間違いなしと思われている米FOMCをはじめ、英中銀、スイス中銀、日銀の金融政策の発表が主要テーマになることでしょう。また、米国、ドイツ、英国、ユーロ圏のインフレ指標の発表が多くなっており、米国債入札の結果も気になります。英総選挙のサプライズに影が薄くなっていますが、11日のフランス国民議会(下院)選挙の第1回投票と、18日の決選投票も気になります。

 

1. 【FOMCとイエレンFRB議長会見(6/14)】
2. 【米国の消費者物価指数(6/14)】
3. 【英中銀の金融政策委員会 (6/15)】
4. 【英国の雇用統計(6/14)】
5. 【豪州の雇用統計(6/15)】
6. 【NZの第1四半期GDP(6/15)】
7. 【日銀の金融政策決定会合と黒田日銀総裁の会見(6/16)】

 

その他(沢山あり、個別の説明は省略します)
【米国発の重要は経済表】
【米国の国債入札、10年債(6/12)、30年債(6/13)】
【英国の消費者物価・生産者物価指数(6/13)】
【ドイツの消費者物価指数(6/14)】
【ユーロ圏の消費者物価指数(6/16)】
【フランス国民会議選挙、第1回投票(6/11)の結果と、決戦投票(6/18)】

 

1. 【FOMCとイエレンFRB議長会見(6/14)】
(15日 3:00時)市場のコンセンサスは、政策金利0.25%引き上げ1.0~1.25%を予想しており、CMEのFedWatchでは利上げの確立予想が99.6%と利上げをすることが前提となっています。穴馬を狙うなら、インフレ率がやや低下気味で最近の強さがみられない米経済指標に、今回は利上げを見送り9月20日に延期される可能性ですが確率は低いと考えます。期待通り0.25%の利上げを実施したとしても、12月の再利上げの有無が次のテーマになりそうです。

 

2. 【米国の消費者物価指数(6/14)】
(21:30時)FOMCと同日でFOMCより早く発表されますが、予想は前月比予想0.0% 前回0.2%、前年比予想2.0% 前回2.2%、コア前月比予想0.2% 前回0.1%、コア前年比予想1.9% 前回1.9%で、インフレ率の伸びの低下が予想されています。

 

3. 【英中銀の金融政策委員会 (6/15)】
(20:00時)政策金利0.25%、資産買い入れ枠4350億ポンド、社債買い入れ枠100億ポンドの据え置きを7対1で決定することを予想しています。市場は年内の変更はなく来年から緩やかに資産買い入れ枠を減少するとみていましたが、今回英国内で連続するテロ攻撃、予想外の総選挙の結果を受け何らかの変化があるのでしょうか?直近の英CPIは前年比2.7%で、6月9日にBOEは一年後のインフレ率を2.9→2.8%に若干下方修正しましたが、非常に高水準であることは変わりありません。

 

4. 【英国の雇用統計(6/14)】
(17:00時)  失業率=予想2.3% 前回2.3%、失業者数増減=予想1万人 前回1.94万人、ILO失業率(3か月・前年比)=予想4.6% 前回4.6%と、失業者の減少が予想されています。

 

5. 【豪州の雇用統計(6/15)】
(10:30時)失業率予想5.7% 前回5.7%、就業者数=予想1万人 前回3.74万人と、就業者数の減少が予想されています。いつもながら短期的な変動が高いこともあり、発表後の変動には注意が必要です。

 

6. 【NZの第1四半期GDP(6/15)】
(7:45時)前期比予想0.7% 前回0.4%、前年比予想2.7% 前回2.7%と、前期比では前回よりも上昇が見込まれています。直近のNZD相場は強さが感じられますは、その流れを維持できるのでしょうか? 早朝の発表でもありいつもながら短期的な変動がこともあり、直後の変動には注意が必要です。

 

7. 【日銀の金融政策決定会合と黒田日銀総裁の会見(6/16)】
(昼頃)短期の政策金利をマイナス0.1%、長期金利である10年物国債金利をゼロ%程度に操作する現状の金融市場の調節を続けることが予想されています。ただ、「日銀は出口戦略を巡る議論について、時期尚早から説明重視に姿勢を改め、市場との対話を重視する方向に修正しつつある」との報道もあり、黒田日銀総裁の慎重姿勢がどのように変化するのか注目しています。

 

詳しくは別表をご覧ください。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

20170611_schedule1

 
20170611_schedule2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

太田 二郎

FXストラテジスト 太田 二郎(ohta jiro)

FXのスタートはすでに35年近く前に遡る。外資系銀行でFXを学び現在に至る。米 系・英系・独系・オランダ系の外銀を経て、日本のFXリテー ル・ビジネスの草 分けとして米系支店の設立を経て、多くの個人投資家と関わりをもち、現在に至 る。現在は投資助言会社の業務部長を兼任し、頻度は 少ないながらも、セミ ナー講師をし、業界紙へFXコメントを掲載中。
信条は、「Once a dealer, always a dealer」教訓は、「FX Dealerは、全ての 面で人の手本となるべき」