ホーム > コラムの泉 > 現役チーフアナリスト武市の勝率UPに導くテクニカル手法 > 「先頭はドル、最後方は円」が変わらない限り、大きな流れも変わらない…!?

迷ったらココ!期間限定

7/14
2017

「先頭はドル、最後方は円」が変わらない限り、大きな流れも変わらない…!?

 6月FOMCを機に(実際には少し前)に108円後半で底を打ったドル円は、その後は目立った押し目を形成することなく、114円半ばまで上値を拡大しました(①)。その後はイエレンFRB議長の議会証言を機に反落(②)していますが、113円割れ(③)ではしっかりと買い拾われている印象があります。

 

20170714take1

 

 “わずか1ヶ月”ほどで“5.50円超”の急騰、しかも“ほぼ一本調子”だったことを考えると、高値からの反落そのものに違和感はありません。ただしこれが「ポジション調整なのか…?」、それとも「頭(天井)を打ったのか…?」というのは、大きな問題として残ります。今回の件でいえば、イエレンFRB議長の議会証言が「これまでよりハト派に寄ったからなのか?」、それとも「思ったほどタカ派でなかったからなのか…?」と言い換えられるかもしれません。

 

 今回の議会証言では、「バランスシート縮小の年内開始」は示唆され、「インフレ鈍化は一時的要因」との見方も変わることはありませんでした。一方で「年内あと1回の利上げ」が示唆されることはなく、「インフレは目標を下回っている、最近はさらに低下傾向」ともされました。“どちらとも取れる”内容ではありますが、マーケットはこれを“追加利上げに慎重(ハト派)”と捉え、ドル売り優勢になった格好といえます。

 

 ただ現在のマーケットテーマは、“米金融政策の行方”というより“金融正常化争い”が優勢となっている印象があります。そしてその観点から改めて見ると、“金融政策の正常化争いの先頭を走るのは米国(ドル)” “最後方を進むのは日本(円)”は疑いようがないところです。“2番手争いが混沌(欧・英・加で激しい2番手争いが勃発)”としていることで通貨ペアごとのバラツキ(揺れ動き)は見られていますが、今回の議会証言の見方(米国の方向性)が“ハト派orタカ派”のいずれに寄ったとしても、ドル円に対する影響は“一時的”“中長期的な見方は変わらない”と考えることが可能ということになります。

 

20170714take2

 

 急騰していたユーロ円が130円後半で失速した(④)かと思えば、代わってカナダドル円が重要な上値メドとされた“16/12/15高値(88.903円 ⑤)”を突破する等、“金融正常化争い⇒最後方を進むのは日本(円)⇒円売り⇒クロス円全般に波及”という流れは続いています。前回にも記しましたが、金融政策の立ち位置の違いを背景に「機関投資家(ヘッジファンド)が“円キャリートレード”で勝負をかけている」との話もあります。こうした流れを崩すには“日本(円)が最後方から脱出”であるとか、あるいは“全ての材料をなぎ倒す破壊力を秘めたリスク回避姿勢の台頭”くらいしか、筆者には思いつきません。

 

20170714take3

 

 話を戻します。本来であれば“揺れ動く2番手争い”に沿った取引が“一番効率が良い”といえますが、2番手争いが拮抗する中で、それら全てを取るのは難しいと考えるのが自然です。もちろん決め打ちはできませんが、また相応の調整が入る可能性も気にしておく必要がありますが、ドル円には“方向感が真逆”という安心感がそれなりに存在します。そしてクロス円全体をけん引する“基準”としての意味合いも、ドル円は持っています。

 

 冷や水を浴びせられた格好ですので、場合によっては“6/14~7/11の38.2%押し(112.314円 ⑥)”“同50%押し(111.641円 ⑦)”辺りまで覚悟しておくべきかもしれません。それでも「押し目待ちに、押し目なし」がマーケットの常です。「頭(天井)を打った」と見なさない限り、そして「“ハト派に寄った⇒ドル売り”」との見方が台頭している限り、逆に“下値は意外と浅い”と考えてマーケットに臨みたいところです。

 

(2017年7月14日執筆)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

武市 佳史

ファイナンシャル・プランナー 武市 佳史(takechi yoshifumi)

大阪府出身。ファイナンシャル・プランナー(AFP)、テクニカルアナリスト。
日本におけるFX(外国為替証拠金取引)の草創期より業務に従事。数多くの一般投資家と接しながら、現在はFX大手「マネーパートナーズ」のチーフアナリストとして、為替コラム執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿している。「初心者には分かり易く、上級者も納得」がモットー。