ホーム > コラムの泉 > FXストラテジスト 太田二郎の今週の為替相場 展望と注目材料 > 今週の為替相場を考える(7月17日~21日)

迷ったらココ!期間限定

7/17
2017

今週の為替相場を考える(7月17日~21日)

最近の為替相場の変動は株式より金利に反応することが多く、7月12日のイエレンFRB議長の議会証言で「バランスシートの縮小を急ぐ一方で、追加利上げは慎重に判断」と、利上げに対してアクセルから足を離す状況へと変化したことで特にAUD+NZD+GBP+CAD+JPYで上昇の流れが強まっています。

 

今週の主な材料でも記載していますが、今週は金融政策と金融政策への影響度が高いインフレ・雇用指標の発表が非常に多くなっており、それぞれで為替相場が変動することは避けられそうにありません。(金融政策=ECB・日銀と豪中銀議事録、CPI=英国・カナダ・NZ、雇用統計=豪州)

 

先週末の弱い米CPIと小売や消費者マインドに米利上げ期待度は弱まり、米10年債利回りは2.386→2.330%へ、2年債も1.399→1.356%へと低下、逆に、独10年債利回りは0.573→0.597%へ、英10年債利回りも1.305→1.310%へ、カナダ10年債利回りは1.879→1.895%と上昇し、金利差の縮小がドル売り圧力となっています。

 

CME FedWatchでは12月13日の利上げ期待度は47.3→43.1%まで低下しています。米国は利上げレースに先行しながらも慎重になりやすく、他の主要国がじわじわと緩和縮小レースに迫っていることで、ドルインデックス(DXY)は昨年11月のトランプ米大統領の選出時の11月の水準99台を大きく割り込み95.10と昨年8月の水準まで下落している要因と思われます。

 

また、IMM通貨先物の主要7通貨(円、ユーロ、ポンド、スイス、カナダドル、豪ドル、NZドル)のネットポジションは、前週の-3,277→+7,840とネットでプラスへと転換。2016年5月24日の週から60週間続いたネットショート(ドル高思考)に変化がみられました。

 

このように、今週はメインとなる金融政策とそれに絡む経済指標に十分注意を払ったポジションテークをする必要がありそうです。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の【通貨ペア別のレンジ予想】

 

◎USDJPY【予想レンジ 111.80~113.50】

 

USDJPYは、金利差相場の中で他の主要国との金融政策の違いを注目した円安に備えた円ショートが拡大した中で、イエレンFRB議長の発言や先週金曜日の弱い米CPIと小売を受けた米金利の低下にトレンドラインのブレークでドル売りへと変化しています。

 

米金利の低下傾向が長引くようであれば話は別ですが、現状ではテクニカル売買でフットワークが軽い短期投機筋と円ショートの巻き戻しによる円買い以外の材料は考えにくいと思われます。

 

DailyのStochRSIは、K32.839、D71.583と売りに変化してからその流れの継続中となっています。200日MAは111.566にあり引き続き上昇を続け、LowとUpperはそれぞれ111.07~112.06にあり、この水準を割り込むまでは中長期の円安トレンドの変化も期待できそうにありません。

 

IMM通貨先物では、【円】-75,036→-112,125(-37,089)と、今週も円の一人負け。主要国の金融政策の違いがポジションにも表れ、ネットではショートNO.1で唯一ショートが拡大していますが、7月11日時点のデータで、その後円高が加速していることを考えれば、円ショートの拡大は収まっていること思われます。オプションの1Month リスクリバーサルでは、円コールオーバーで0.82→1.05とオプションの世界では円高を支持する動きが強まっています。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

◎EURUSD【予想レンジ 1.1350~1.1500→1.1600】

 

今週のECB理事会やドラギ総裁発言では、将来のQEの縮小をほのめかす内容が期待されます。独10年債利回りを含め欧州主要国の債券利回りは上昇傾向にあり、米国のとの金利差縮小がEURにとってフォローの風となっています。

 

今週に入っても1.1500の大台を超えられず上値は重いのですが下げ幅も限定的です。1.14割れか買い=1.1470台は売りと狭いレンジで推移し、足踏み状態が続いていますが、いずれは上値を試す動きが期待できます。

 

DailyのStochRSIは、K48.858、D59.5933で、売りを継続中ですが、先週と同じく逆にEURUSDの下げ幅は限定的で緩やかな上昇傾向を維持し逆向現象中となっています。200日MAは1.0841と遥か下に位置し、36日MAは1.1277でこれを大底として上昇傾向が維持されています。

 

IMM通貨先物では、【ユーロ】77,464→83,788(6,324)と再びユーロのロングが急拡大しています。6月13日の79,053コントラクトのロングポジションを上回り、引き続きドル売りをリードしロングは他を圧倒しNO.1。オプションの1Month リスクリバーサルでは、ユーロコールオーバーで前週の0.30→0.35とさらにその傾向が強まっています。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

◎GBPUSD【予想レンジ 1.3000~1.3250】

 

カーニーBOE総裁の発言で上昇したGBPロングの調整も終わり、GBPUSDは1.3100台を達成。遅かれ早かれBOEの債券買い枠の縮小は変わらず、英消費者物価でインフレ拡大が示されれば更なる上昇も。

 

DailyのStochRSIは、K42.66 、D60.24で、7月5日に売り変化したから久々買いへと変化していますが、水準はニュートラルに近く強い上昇は期待できそうにありません。200日MAは1.2553と遥か下に位置し、36日MAは1.2848でこの水準をボトムに上昇を維持しています。終値ベースでは過去に超えられなかった1.3050を上回り昨年9月の水準へと上昇したことで、上昇の流れが続きそうです。

 

IMM通貨先物では、【ポンド】-27,767→-24,138(3,629)とショートが小幅低下しています。煮え切らないポンドですが、ユーロがロングへと変化しても、なかなかロングへ転換できずにいます。ただ、ネットポジションは再び減少傾向にあり先週同様に弱さは感じられません。オプションの1Month リスクリバーサルでは、0.30→0.30と変わらずで、オプションの世界では相変わらずポンド弱気ムードが支配される中でスローな動きを継続しています。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の主な材料(7月17日~21日)

 

主要国の金融政策の違いがいつもながら金利と為替相場に反応する状態は変わらっていません。とくにこれからの夏休み時期のパーキング資金は高金利が選好されることが考えられ、「金融政策=相場変動は当面変わりそうにありません。

 

先週はカナダ中銀が米国に次いで2番目に利上げを決定したことで、カナダドル高が進んでいます。7月21日はカナダのCPIと小売売上高の発表があり市場はやや弱い数字を予想しています。仮に強い結果になれば、少し先のことになりますが次回9月6日にも追加利上げの期待度が高まることでしょう。

 

7月20日のECB理事会やドラギECB総裁の記者会見で「インフレ見通しが改善しQEを見直す」ことを示唆するのでしょうか? 13日のWSJ紙は「ECBは来年から資産を段階的に縮小する方針」と報道しており、9月7日の次回理事会で来年から月額600億ユーロの債券買い入れの縮小が始まる期待感に強まっています。

 

7月18日には7月4日の豪中銀金融政策委員会の議事録が発表されます。4日の委員会では緩和策の解除期待が裏切られ、一時豪ドル売り強まっていました。その議事録が公開され内容が非常に注目されます。また、20日の豪雇用統計ではやや弱い数字が予想されていますが、仮に強く出ることになでもなれば、8月1日の金融政策委員会で緩和策の縮小を期待する動きが強まることでしょう。

 

7月20日には日銀の金融政策決定会合があり、金融政策の据え置きが予想されます。7月7日に日銀は10年債利回りが0.1%を超えた段階で、固定利回りで債券を無制限に買い入れる指値オペを実施。黒田日銀総裁も緩和策の継続を示唆しており、金融政策の据え置き=円の一人負けの状況が続く可能性が高くなっています。

 

7月18日には英CPIの発表があります。前月比はやや弱い数字の予想となっていますが、それ以外は前回と変わらずの予想となっています。12日の英雇用統計では失業率が1975年来の低水準で、平均賃金の伸びもまずまずで、賃金の伸びが上向きインフレ率を引き上げるとの懸念も残っています。今回のCPIの結果が8月3日のBOEの金融政策委員会に期待をつなげることになるのでしょうか?

 

7月18日にはNZのCPIの発表があります。第2四半期のCPIで予想とのかい離が大きく相場変動が一時的に高まることが予想されます。また、この結果を受けて8月10日にはNZの政策金利と金融政策の見直し期待度
がどのように変化するのでしょうか? 6月22日には「中立的な金融政策との文言を削除」していたこともあり、仮に強い数字ともなれば緩和策への変更期待度はさらに高まることでしょう。

 

重要なイベント
1.【ECB理事会とドラギECB総裁の記者会見(7/20)
2.【英消費者物価指数(7/18)】
3.【豪雇用統計(7/20)】
4.【カナダ消費者物価指数&栗売上高(7/21)】
5.【日銀金融政策決定会合&黒田総裁の記者会見(7/20)】
6. 【豪中銀議事録(7/18)】
7. 【NZ中銀消費者物価指数(7/18)】
8. 【中国第2四半期GDP(7/17)】

 

米経済指標
1.【NY連銀製造業景況指数(7/17)】
2.【輸入物価指数(7/18)】
3.【住宅着工&建設許可件数(7/19)】
4.【新規失業保険申請件数(7/20)】
5.【フィラデルフィア連銀製造業景気指数(7/20)】
6. 【景気先行指標(7/20)】

 

中銀関係者発言
1. 【デベル豪中銀総裁候補&ブロック豪中銀総裁候補講演(7/21)】

 

詳しくは別表をご覧ください。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

20170716_schedule1

 

20170716_schedule2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

太田 二郎

FXストラテジスト 太田 二郎(ohta jiro)

FXのスタートはすでに35年近く前に遡る。外資系銀行でFXを学び現在に至る。米 系・英系・独系・オランダ系の外銀を経て、日本のFXリテー ル・ビジネスの草 分けとして米系支店の設立を経て、多くの個人投資家と関わりをもち、現在に至 る。現在は投資助言会社の業務部長を兼任し、頻度は 少ないながらも、セミ ナー講師をし、業界紙へFXコメントを掲載中。
信条は、「Once a dealer, always a dealer」教訓は、「FX Dealerは、全ての 面で人の手本となるべき」