ホーム > コラムの泉 > FXストラテジスト 太田二郎の今週の為替相場 展望と注目材料 > 今週の為替相場を考える(7月31日~8月4日)

迷ったらココ!期間限定

7/31
2017

今週の為替相場を考える(7月31日~8月4日)

今週は米雇用統計がメインイベントで、下落基調のドルは下げ止まるのか、逆にさらに売りが加速するのでしょうか? それとも、中銀がスピード違反でドル売りに(自国通貨高)ブレーキを掛けようとするのでしょうか?

 

最近の気になったドルのネガティブ要因を挙げてみましたが、最近の傾向として政治的な材料にドル相場の反応は鈍いものがあります。
1.議会で連邦債務上限の引き上げ合意の遅れ。
2.米共和党指導部は税制改革のための国境税の導入を見送る。
3.米上院は共和党のオバマケア一部撤廃法案を否決し、選挙公約のオバマケア廃止は現状では失敗。
4.プリーバス首席補佐官を更迭
5.IMFの報告ではドルは10~20%過大評価。

 

今週から8月に入り夏休みで、市場参加者が減少する時期になります。個人投資家は会社や家族の事情で異なりますが、外資の金融機関で2週間~3週間の夏休みに入る人もいます。為替相場は、「利上げ実施・期待の通貨高=できない通貨安」の図式は変わっていませんが、各国の異なる金融政策に個別に反応しやすくなっています。

 

7月12日のイエレンFRB議長のハト派の議会証言から始まったドル売りの流れは、先週26日のFOMCで「早期の資産縮小の開始」と「慎重な利上げスタンス」に米金利が低下しており、DXY(ドルインデックス)は2016年4月来の安値となる93.26で終了し、最近のドル安でインフレ圧力の低下もドル売り要因とも考えられます。

 

一方、EURUSDはECBの緩和策の変更期待やユーロ圏の政治的な安定に、2015年1月来の高値を更新し続けていますが、IMFの報告ではユーロ相場はファンダメンタルズに合致といいながらも、ドイツだけを見ると10~20%過大評価とやや困惑気味。

 

CADも追加利上げ期待と原油価格の持ち直しに強く、AUDは商品価格の持ち直しとやや強い中国経済を背景に利上げ期待もあり上昇を続け、中銀の通貨高や利上げ期待を削ぐけん制発言にも底堅く、JPYは米金利の低下にUSDJPYの上値は重くレンジ相場の下限を試す動きが続いています。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の【通貨ペア別のレンジ予想】

 

◎USDJPY【予想レンジ110.05~112.50】

 

ドル円は、引き続き唯一利上げや緩和縮小とは無縁の通貨で、最近の3週連続し円高傾向は投機的な円ショートが大幅に積みあった状態の調整の過程と考えます。その引き金はドラギECB総裁の議会証言とFOMC後の米金利の低下で、米債利回りがどこまで低下するかが大きなカギとなっています。

 

機関投資家は外債投資でヘッジコストを考えると積極的に打って出にくい水準との観測もあり、今週の米雇用統計を受けた米債の動向を見守る必要もあります。IMFの報告では現在の円相場の水準はファンダメンタルズと合致とありますが、米貿易収支の赤字額が拡大した場合にはムニューシン米財務長官の発言も気なります。

 

StockRSIのDailyでは、K=13.64、D=8.77と売られすぎゾーンにあり、先週同様に通常は反発する可能性が意識されますが、強いダウンサイド圧力の継続なのでしょうか、USDJPYのプライスは下落傾向にあります。200日MA=112.00を3日連続し割り込み、ダウンサイドのリスクが続いています。

 

IMM通貨先物では、【円】-126,919→-121,489(5,430)と、5週間ぶりに前週比でネットのショートが減少しましたが、円は一人負けの流れは変わっていません。USDJPYオプションのリスクリバーサルでは、1週間は-1.0~-1.1前後とドルプット・円コールが上昇気味ですが、1か月から12か月では逆にドルプットが低下気味で推移しています。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

◎EURUSD【予想レンジ 1.1600→1.1850 OR、1.1700~1.19000】

 

EURUSDの上昇傾向は変わっていませんが、今週は1.18の大台が強く意識され、1.1800近辺を超えて上昇傾向を続けるのか、1.1800近辺をピークに利食いの売りへと変化するのか、ユーロ圏と米国の経済指標の結果を見守る動きが予想されます。

 

今週発表の米雇用統計の結果で為替相場が変化することは間違いありませんが、他の材料では上昇傾向を維持するためにはユーロ圏のGDPとCPIが予想通りかより強くなることが要求されそうです。

 

EURUSDは1.1600をボトムとした上昇過程を維持していますが、1.1500を超えた直後の上昇力の強さはやや弱まっており、EURCHFの援護を受けた上昇力も先週ほど期待できず、EURJPYやEURGBPは逆にやや低下気味で強さは見られません。

 

StockRSIのDailyでは、K=78.06、D=83.74と買われすぎゾーンからやや低下し売りに変化しています。先週と同じきょうに、200日MA=は1.0870と遥か下の水準に位置し、最近の動きでは36日MAで下げ止まる動きが続いていますが、その線も1.1390 と現状の1.1750近辺から下方に位置しており、WeeklyベースのMA=1.1795(約1.1800)がより意識されます。

 

IMM通貨先物では、【ユーロ】91,321→90,842(-479)と、5週間ぶりに前週比でネットのロングが減少していますがユーロは一人勝ちの流れは変わらず。オプションのリスクリバーサルでは、1か月~3か月はユーロコールが拡大し、6か月もユーロプットからオールへと変化し、9か月から12か月ではユーロプットながら縮小傾向にあり、EUR高思考は変わっていません。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

◎GBPUSD【予想レンジ 1.2900~1.3250】

 

GBPUSDは打たれ強く緩やかな上昇を継続。18日の英CPIが予想外に弱く一時売り圧力が強まりましたが、英GDPは予想通りでBOEの早期のテーパリング期待が薄らぐ中で、結果はボトムを1.30から1.31へ上昇させながら底堅い動きとなっています。

 

今週の米雇用統計はもちろんですが、3日のBOEの政策委員会の結果次第で為替相場が動くことは避けられず、上下の最大値は1.2900~1.32500±30pipsのレンジ幅で推移すると思われます。

 

StockRSIのDailyでは、K=70.50、D=57.19売りから買いへと変化していますが、水準的にはニュートラルゾーンに位置します。先週と同じく、200日MA=1.2591にあり遥か下方に位置し、26日MA=は1.2891にあり、安値・高値ベースの26日MAは1.2891~1.2941でこのゾーンが底値になる可能性が高と思われます。

 

IMM通貨先物では、【ポンド】-16,473→-26,197(-9,724)と、3週連続でネットのショートが減少し、ロングへと転換が期待されましたが逆にショートが小幅拡大し転換は先送りとなっていますが、集計後のポンド高で若干の期待感もあります。GBPUSDオプションのリスクリバーサルでは、GBPプットで変わりませんが、1週間~6か月までが低下気味でポンド売り圧力も弱まっています。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の主な材料(7月31日~8月4日)メインは米雇用統計

 

今週のメインイベントは米雇用統計で、先週のFOMCから続く米金利の低下とドル安の流れを止めることができるのか、それとも、さらに加速するのかを見極める重要な指標で、予想は失業率の低下(4.4%←4.3)、非農業部門雇用者数の減少(予想18万人←前回22.2)ですが、平均時給の伸び率がより重要視されており(予想前月比0.3%←前回0.2)、若干の増加が見込まれています。

 

対ドルでの相場変動は米雇用統計に任せるとして、今週はBOE(英中銀)とRBA(豪中銀)による金融政策の発表があり、資産縮小や利上げを期待する発言があるのでしょうか? ポンドや豪ドル相場にとって非常に重要です。

 

BOEの金融政策委員会では、政策金利(2.5%)と、資産買い入れ額(4,350億ポンド)の据え置きが予想されていますが、声明・議事録やドラギECB総裁から市場が期待している来年の資産縮小向けた前向きな発言が飛び出すのでしょうか? 直近ではインフレ率がポンド高でやや軟化していることが気になりますが、同時に発表される、四半期インフレ・レポートには注意が必要です。

 

RBAは理事会では、政策金利1.5%の据え置きが予想されています。21日にデベル豪中銀副総裁は「利上げ期待」と「豪ドル高」をけん制する発言に続き、26日にもロウ豪中銀総裁から同様の発言がありました。また、26日の豪CPIでは前年比1.9%(予想2.2%)と弱い結果となったこともあり、声明からある程度のネガティブ発言があることは容易に予想されます。

 

歴史的な展開となっているEURCHFの上昇ですが、今週はユーロ圏発ではGDPとCPIが最も注目されます。予想値ですがGDPは速報値で上昇が(前年比2.1%←1.9)、HCPIの前年比は低下(1.2%←1.3)が予想されています。

 

カナダ中銀(BOC)の利上げから上昇傾向が続くカナダドルですが、今週はカナダの雇用統計があり、予想では失業率6.5%で変わらず、雇用者数の減少(1.9万←4.53)が予想されていますが、28日のカナダGDPは上昇しており、仮に予想外の強い数字ともなれば、再利上げの期待度が高まることでしょう

 

米雇用統計前に発表されるADP雇用統計や、相場変動が高いISM製造業と非製造業の景気指数、PCE価格指数、政治的には貿易赤字の水準も円相場にとって気になります。

 

重要なイベント
1.【米雇用統計(8/4)】
2.【BOEの金融政策委員会(8/3)】
3.【豪中銀金融政策(8/1)】
4.【NZ失業率(8/2)】
5.【カナダ雇用統計(8/4)】
6. 【ユーロ圏GDP(8/1)】
7. 【ユーロ圏CPI(7/31)】
8. 【豪貿易収支(8/3)】

 

米経済指標
1.【米雇用統計(8/4)】
2.【ADP雇用統計(8/2)】
3.【ISM製造業景気指数(8/1)】
4.【ISM非製造業景気指数(8/3)】
5.【個人所得・個人消費支出(8/1)】
6. 【貿易収支(8/4)】

 

詳しくは別表をご覧ください。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

20170730_schedule1

 

20170730_schedule2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

太田 二郎

FXストラテジスト 太田 二郎(ohta jiro)

FXのスタートはすでに35年近く前に遡る。外資系銀行でFXを学び現在に至る。米 系・英系・独系・オランダ系の外銀を経て、日本のFXリテー ル・ビジネスの草 分けとして米系支店の設立を経て、多くの個人投資家と関わりをもち、現在に至 る。現在は投資助言会社の業務部長を兼任し、頻度は 少ないながらも、セミ ナー講師をし、業界紙へFXコメントを掲載中。
信条は、「Once a dealer, always a dealer」教訓は、「FX Dealerは、全ての 面で人の手本となるべき」