ホーム > コラムの泉 > 現役チーフアナリスト武市の勝率UPに導くテクニカル手法 > ようやく“ダブルトップ完成” - 次なるポイントは“週足の雲割れ確定” の有無…!?

迷ったらココ!期間限定

9/8
2017

ようやく“ダブルトップ完成” - 次なるポイントは“週足の雲割れ確定” の有無…!?

 ちょっと更新をお休みさせていただいている間に、ドル円は大きく下落しています。「米利上げ観測の後退(ドル売り)」「欧緩和縮小観測の台頭(ユーロ買い)」、さらには「悪化する北朝鮮情勢(リスク回避の円買い)」も重なる中、とうとう昨日には108円ラインぎりぎりへと売り込まれました。

 

20170908take1

 

 昨日の下落におけるポイントは2つ。“4月安値(108.132円)”を割り込んだことによる「年初来安値を更新(①)」と、そして“ネックライン(6月安値:108.788円 ②)”を割り込んだことによる「5月高値-7月高値を頂点とするダブルトップの完成(③)」です。

 

 「ん…!!前者はともかくとして、後者に関してはとっくの昔に割り込んでいるんじゃないの…?」そう疑問に思われる方もおられるでしょうが、ダブルトップの完成が昨日であることは間違いではありません。

 

20170908take2

 

 ご指摘のように何度となく、8月以降は同ラインを割り込む場面が見られています(④)。しかしながらその都度持ち直しを見せており、一度として終値ベースでは割り込まずにここまできました。それが昨日初めて終値ベースで割れた(⑤)ことで、テクニカル上は「ようやくダブルトップ完成」ということになります。よく知られたテクニカルではありますが、“判断の基準は終値”というのは忘れがちですので、気を付けておきたいところです。

 

 そう考えると年初来安値更新は“下値追い加速 or 下値達成感台頭”のいずれにも取れる材料ですが、ダブルトップ完成に関しては“下値追い加速”が促される要因と考えるのが自然ということになります。何度も跳ね返された同じ108円台ではありますが、これまでとは様相が違うと考える必要があります。

 

 もっとも今回の下落の裏には、はっきりいって「悪化する北朝鮮情勢(リスク回避の円買い)」が占めるウェイトが大きいと見られます。このため“思惑の往き過ぎ”が入り込みやすく、仮に懸念される週末のミサイル発射が杞憂に終われば“それ相応の反発は必至”と考えるのもまた自然ということになります。このためその後に「再び下攻め」となるのか、それとも「目先の底打ち⇒反発」となるのかを、探っておく必要があります。注目されるのは“週足チャート”です。

 

20170908take3

 

 ダブルトップを完成させた前記“ネックライン(108.788円)”には、“週足・一目均衡表先行スパンの雲下限”も重なって展開しています(⑥)。しかし “判断の基準は終値”である以上、「割り込んでいるとはいえ、まだ確定しているわけではありません(⑦)」。つまり“中長期の方向性”を探る上で注目される週足では「まだ下落シグナルは点灯していない」ということになり、明朝の終値(週足の場合、週末終値がベース)が注目ということになります。下回っていれば「早期に押し戻されない」限り、“16/6/24~16/12/15の61.8%押し(106.446円 ⑧)”“16/11/11安値(106.032円 ⑨)”を経て、“16/11/10安値(104.963円 ⑩)”を目指す「さらなる下攻め」が懸念される。一方で押し戻されていれば、少なくとも“110円台”に向けた「目先の底打ち⇒反発」が期待されると考えるのが可能ということにもなります。

 

 「イメージは下方向一辺倒」「テクニカルも悪化」という局面ではありますが、「中長期の売りシグナルの点灯はまだ」「思惑の往き過ぎが入り込みやすい」という点に関しては、十分に注意して臨みたいところです。

 

(2017年9月8日執筆)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

武市 佳史

ファイナンシャル・プランナー 武市 佳史(takechi yoshifumi)

大阪府出身。ファイナンシャル・プランナー(AFP)、テクニカルアナリスト。
日本におけるFX(外国為替証拠金取引)の草創期より業務に従事。数多くの一般投資家と接しながら、現在はFX大手「マネーパートナーズ」のチーフアナリストとして、為替コラム執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿している。「初心者には分かり易く、上級者も納得」がモットー。