ホーム > コラムの泉 > 為替ディーラーYEN蔵の為替相場のテーマはコレ! > ドル円は110円台を回復

迷ったらココ!期間限定

9/12
2017

ドル円は110円台を回復

フロリダ州に上陸したハリケーン・イルマが熱帯低気圧に勢力を弱めたことや、被害規模が当初予想から相当減少するとの見方が広がったことで、リスクオンの動きが広がりショート勢の買戻しが加速した。

 

米国の保険株はハリケーンの被害で、被害額が年間の収益を超えた場合は新たな資金調達が必要になるのではないかとも言われており下落していたが、昨晩は買い戻され金融株が全般的に上昇しダウは1.19%、SP500は1.08%、ナスダックは1.13%の上昇と3市場そろっての大幅上昇となった。

 

株価の上昇もあったが、この日行われた米3年債の入札は応札倍率が2.7倍と4月以来の低水準、各国中央銀行を含む間接入札比率が46.2%と前回の64.1%、平均の53.2%を下回る低調の入札結果となった。これらを受けて10年債利回りは前日の2.061%から2.123%に上昇したこともドルのサポート材料となった。

 

今週は12日に200億ドルの10年債入札、13日は120億ドルの30年債入札が控えており、こちらも米国の長期金利に影響を与えるために注目される。

 

また国連の安全保障理事会では北朝鮮に対する追加制裁決議案を全会一致で採択した。米国は当初はより厳しい制裁決議案をまとめていたが、中国とロシアの支持を得るために、原油の前面輸入制限などを取り下げたために、北朝鮮問題に対するリスク要因も後退したことで株高、ドル高の動きとなった。

 

先週のドル円は107.30付近まで下落した後に、昨日は108円台を回復した。北朝鮮の核実験を受けた9月4日の東京市場では、前週のニューヨークの終値110.20付近から109.50にギャップを開けて下落した。そしてこのギャップを埋めることなくドル円は下落して107.31付近の安値をつけた。このギャップの109.50~110.20のゾーンを抜けられるかどうかが重要なポイントとなろう。また7月11日の高値114.495~9月8日の安値107.31の61.8%戻しも110.10付近となっている。このギャップがレジスタンスになればドル円は107~110のレンジ。上抜けすることができれば110~112のレンジになるのではないかと見ている。

 

ニューヨーク市場に入り110円台を回復しているが、110.20~30が抜けられるかどうかが試されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

田代 岳

アナリスト 田代 岳(tashiro gaku)

シティバンク銀行、スタンダード・チャータード銀行で、金融、マーケット部門で仕事をし、為替ディーラーとして活躍。マーケット部門の中で外国為替、金利、債券の取引を行い、資金の運用を担当した経験を活かして、日本の個人や中小企業に正しい金融情報を伝え、日本人の資金の有効活用、しいては金融で日本人を元気にすることが使命であると考えている。投資家向けのみならず、現在は一般の方や中小企業向けにわかりやすく話す講演やセミナーも人気である。

twitter homepage