ホーム > コラムの泉 > FXストラテジスト 太田二郎の今週の為替相場 展望と注目材料 > 今週の為替相場を考える(12月11日~12月15日)

迷ったらココ!期間限定

12/11
2017

今週の為替相場を考える(12月11日~12月15日)

今年も残すところ残り3週間。今週の焦点は主要国の金融政策でFOMCは期待通り利上げを実施し来年に向け3度の利上げ期待を残すことがでるのでしょうか? また、政治的な動きも相場変動要因となっています。

 

金融政策では米国(FOMC)・英国(BOE)・ユーロ圏(ECB)・スイス(SNB)と主要国で金融政策を発表します。FOMCは利上げが既成事実化されており、BOEやECBもブレグジット交渉の不透明感が薄らいでくることにより、金融政策で何らかの変化が生じる可能性も気になります。
 
 

米国では、税制改革法案の成立期待+リパトリ課税の減額による更なる株高期待やドル買い需要があるのでしょうか? 2日に可決した米税制改革法案は最終的な調整・すり合せを経て目標の22日にトランプ大統領が署名できる動きなるかを注目しています。
 
 

英国とEUではブレグジット交渉の主要3要件でなんとか合意に達し14日のEU首脳会議の評価待ちで、次のステップへと期待を繋ぐことができるのでしょうか? 独では、メルケル首相は独連立交渉でSPDとの政権協議で、期待通りに合意に向けた具体的な話し合いをすることができるのでしょうか? 
 
 

米国のロシアゲート疑惑では、フリン前米大統領補佐官が司法取引でロシア疑惑について証言した流れの広がりはどうなるのでしょうか? トランプ大統領がエルサレムをイスラエルの首都として承認したことによる中東情勢の変化が今後あるのでしょうか? 気になることが多く残っています。
 
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
 
 
今週の【通貨ペア別のレンジ予想】
 
  

◎USDJPY【予想レンジ 112.95~114.00 レンジの上限を上抜ける】
 
 

先週のUSDJPY相場は、税制改革法案の可決=年内法案成立期待と、「リパトリ減額=ドル買い需要の拡大期待」から始まる円売りは、英国とEUのブレグジット交渉の進展や独政権協議の再開に、「リスク選好=円売り」へと変化し、「株高=米債利回りの下げ止まり」113円をボトムとした流れに変化しています。これらの政治的な動きの結果によって方向性が決まってくると思いますが、今までの111.00~115.00の相場の抜け出すの至難の業と言わざるをえません。
 
 

DailyチャートのBBは、Basis=112.35、Upper=113.87、Lower=110.83で、先週は一時的にBasisを割り込む局面もあるが、基本はこのポイントをベースに上昇を続け、Basis~Upperのレンジで推移。
 
 

DailyチャートのStoch RSIは、K=95.81 D=88.41と、買いを継続していますが、買われ過ぎゾーンまで達しており、強いトレンドのある上昇でなければ警戒感も。
 
 

DailyチャートのMAは、36日線が200日線を上抜けし買い継続で長期的な買いの流れは変割らず。200日MA close=111.66、high=112.07、Lower=111.23を上回り上昇傾向を維持。36日MA close=112.96、high=113.35をも上抜けし上昇傾向を維持、112.96までの下げの可能性は残るが逆にその水準で下げ止まることができるかを注目。
 
 

IMM通貨先物は、【円】-110,640→-114,267(-3,627)で、円は、ショートNO.1の座を維持し、10月10日以降は10万コントラクトのショートを下回ることはなく、11月29日から54週連続でショートを維持。今回も前日比で若干ながらショートが拡大し円先安を意識したショートポジションの維持で変わらず。
 
 

USDJPYオプションのリスクリバーサルではロンドンベースで、1週間が前週-0.25→-0.45%と上昇、1か月も-0.60%→-0.65へ上昇し、1年までの長いところも上昇気味で、円高リスクが弱まっている。
 
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
 
 
◎EURUSD【予想レンジ 続落←1.1650~1.1850】
 
 

EURUSD は、EUR売りの材料となる米国のリパトリ減税によるドル買い・ユーロ売り需要の有無、EURGBPの売り要因が続くのでしょうか? 逆に、英国とEU離脱交渉の第一ステップは不安定ながらも何とか基本合意に達し、独連立政権交渉では与党はSPDと政権協議を開始することを決定しており、今までの不透明感が徐々に晴れつつあり、ECBの今後の金融政策で何らかの変化を期待できる半面、予想外に強いEUR売りにやや不安感も残り、これらのブル・ベア材料の綱引きになる可能性も考える必要がありそうです。

 

DailyチャートのBBは、Basis=1.1814、Upper=1.1943、Lower=1.1686で、Basisを割り込み売りの流れが続き、Lowerの1.1686をボトムとした動きも。
 
 

DailyチャートのStoch RSIは、K=1.828、D=27.07と、売りの流れは変わらず、売られすぎゾーンにあるも変化には時間がかかる可能性も。
 
 

DailyチャートのMAは、200日線のclose=1.1408にあり相変わらず現在値と大幅に乖離している。36日線はclose=1.1748にあり先週はこの水準近くをボトムにした流れとなっている。high=1.1785、lowは=1.1714でこの水準で下げ止まることができるかを注目。
 
 

IMM通貨先物は、【ユーロ】89,681→93,106(3,425)は、ユーロは、相変わらずNO.1のロングで、5月9日からロングを維持し今回も微増となっていますが、ネットポジションで10万の大台を上回ることは一度もなく極端な強きムードには至らず。
 
 

EURUSDのオプションのリスクリバーサルは、ロンドンベースで1週間が前週0.45→0.30%へとEURコールが低下、1か月も0.55→0.35%へ低下、3か月から先の長いところも予想外に低下傾向が強く、ユーロ高先高リスクの修正が強まっている。
 
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
  

◎GBPUSD【予想レンジ 1.3250~1.3570】
 
 

ブレグジット交渉の動きや思惑に上下する相場が続いていましたが、ようやく主要3分野で合意に達したことで材料はGBP買いと思いながらも、GBPUSDの買いは予想外に鈍く、北アイルランドとの国境をめぐる話し合いは不透明感が続いていることが材料なのか、安値圏で終了していることも気になります。
 
 

今週はBOEの金融政策委員会ではブレグジット交渉の進展でなんらかの変化があるのでしょうか? それとも、従来通りの慎重姿勢は変わらないのでしょうか? GBPUSDは1
.3300を維持することができるかを注目したいと思います。。
 
 

DailyチャートのBBは、Basis=1.3326、Upper=1.3561、Lower=1.3091、先週の高値は4日の1.3539で4日のUpper1.3517を若干上回るも、比較的素直にBBバンドの上限で上げ止まっている。
 
 

DailyチャートのStoch RSIは、K=25.58、D=59.16と、先週の買われすぎから調整が進み若干の売られ過ぎからニュートラルに近い水準へ。
 
 

DailyチャートのMAは、200日線のclose=1.2958にあり相変わらず現在値と大幅に乖離している。36日線のclose=1.3256、high=1.3304、low=1.3196で先週の安値は1.3320までとどかず上昇傾向を維持。
 
 

IMM通貨先物は、【ポンド】4,573→6,406(1,833)と、ポンドは、微増でロングを維持するもネットポジションのロングは極めて少なくニュートラルに近い。ロング・ショート共にネットポジションの傾きは少なく、10月17日以降では1万コントラクトを上回ることはなく、ブレグジット交渉の行方に自信がもてないでいるように思えてならない。
 
 

GBPUSDのオプションのリスクリバーサルは、ロンドンベースで1週間が前週0.00→-0.15%とニュートラルからGBPプットへ、1か月-0.05→-0.25%%とGBPプットが拡大、3か月から先の長いところもGBPプットが拡大し、前週までの流れは変化へ。
 
 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

今週の主な材料(12月11日~12月15日)

 

今週は重要な発表が多い一週間です。

 

金融政策では米国(FOMC)・英国(BOE)・ユーロ圏(ECB)・スイス(SNB)と主要国で金融政策の発表があり、FOMCは利上げをすることは間違いないと思われており、米利上げ=潜在的なドル買い材料となっていますが、先週末までのドル相場にはこの材料を十分織り込み、来年の利上げ回数とその可能性に焦点が移っているように思えてなりません。

 

それ以外でも、米国では(小売・輸入物価・企業在庫・鉱工業生産・設備稼働率)などの経済指標の発表がいつもながら多く、英国(CPI・雇用統計・小売)、豪州(雇用統計)、日本(日銀短観)と主要国でも重要な経済指標が控えており、注意が必要です。

 

政治的な動きですが、独SPDとCDU・CSUの政権協議の再開(13日)、EU首脳会議(14~15日)、米税制改革法案の微調整と22日のトランプ大統領の署名に向けた動きも注目したいと思います。ロシアゲートの動き、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認したことも潜在的な変動要因となっています。

 

「金融政策」
12/13(水)FOMC・イエレンFRB議長記者会見
12/14(木)SNB金融政策、
12/14(木)BOE金融政策委員会
12/14(木)ECB理事会・ドラギECB総裁記者会見、

 

「主要な経済指標」
12/12(火)英CPI、米PPI
12/13(水)英雇用統計、米CPI、
12/14(木)豪雇用統計、英小売売上高、米小売売上高、米輸入物価指数、米企業在庫、
12/15(金)日銀短観、米鉱工業生産・設備稼働率

 

「今後の主要材料(一部重複)」
12月13日 FOMC 
12月13日 独SPDとCDU・CSUとの政権協議開始
12月14日 BOE金融政策委員会
12月14日 ECB理事会
12月14~15日 EU首脳会議 ブレグジット交渉で注目。
12月15日 独CSU党大会
12月21日 カタルーニャ州議会選挙
12月22日 2日に可決した米税制改革法案を大統領に送る目標期限
12月25日 クリスマス、日本を除き世界的に多くの市場は休場
12月26日 欧州市場の多くは休場
2018年1月 トランプ大統領、約束のインフラ計画を公表(1月30日の一般教書演説の前を目指す)

 

詳しくは別表をご覧ください

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

20171211_1

 

20171211_2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

太田 二郎

FXストラテジスト 太田 二郎(ohta jiro)

FXのスタートはすでに35年近く前に遡る。外資系銀行でFXを学び現在に至る。米 系・英系・独系・オランダ系の外銀を経て、日本のFXリテー ル・ビジネスの草 分けとして米系支店の設立を経て、多くの個人投資家と関わりをもち、現在に至 る。現在は投資助言会社の業務部長を兼任し、頻度は 少ないながらも、セミ ナー講師をし、業界紙へFXコメントを掲載中。
信条は、「Once a dealer, always a dealer」教訓は、「FX Dealerは、全ての 面で人の手本となるべき」