ホーム > コラムの泉 > 現役チーフアナリスト武市の勝率UPに導くテクニカル手法 > イメージはまだ“下方向”に傾斜中、ただ大きく戻す可能性を秘めた“分水嶺”に接近中…!?

迷ったらココ!期間限定

2/2
2018

イメージはまだ“下方向”に傾斜中、ただ大きく戻す可能性を秘めた“分水嶺”に接近中…!?

 ドル円は年初こそ113.380円(1/8高値)へ上値を伸ばしたものの、その後はほぼ一貫して下値を模索しました(①)。米暫定予算への懸念/日銀緩和縮小観測(いわゆる日銀出口への思惑)/ドル安政策への転換懸念等…、「手を変え、品を変え」をしながらの下値追いは「ドル安は貿易にとってよいこと(ムニューシン米財務長官)」発言で110円の大台ラインを割れ、「ようやくインフレ目標(2%)に近付いてきた(黒田日銀総裁)」発言で108.266円(1/26安値)まで拡大しています(②)。

 

 もっとも「手を変え、品を変え」の部分(下値追い材料)は、ここに来て“一つ一つ剥落もしくは後退”に転じつつあります。その結果、ドル円相場は下げ渋りに転じており、日銀/トランプ大統領の“火消し”も後押し要因となっています。さらにFOMC声明(31日)で「物価見通しが引き上げ」られたことで、無視されてきた米金利先高観にもようやくスポットライトが当たり始めました。米10年国債利回りが2014年4月以来の2.80%乗せを試す中、ドル円は109.746円(2/1高値)まで値を戻すに至っています(③)。

 

20180202take1(日足)

 

 こうした中、本日は米雇用統計が予定されています。事前予想は「非農業部門雇用者数(+18.0万人)」「失業率(4.1%)」「時間当たり平均賃金(+0.2%/前年比+2.6%)」となっており、まずはここからの乖離具合がポイントと見られます。ただ直近の同指標は“量⇒質”へとポイントが変化していることもあり、より注目されるのは「時間当たり平均賃金(+0.2%/前年比+2.6%)」ということになります。

 

 ここで注目したいのが、前記FOMC声明です。「(インフレ率は)2%をいく分下回ったまま」だったものが、「2%程度で安定すると見込まれる」に変わったことで、“米金利先高観”にもようやくスポットライトが当たり始めた感があります。

 

20180202take2(Fedウォッチ)

 

 もちろん金利先物市場から見た3月利上げの織り込み度はすでに「約78%(④)」に達しており、これがテーマであれば影響は軽微でしょう。しかしながら“予想以上に利上げペースが早まる可能性”に発展する可能性が指摘される中、年4回利上げの織り込み度はわずか「約21%(⑤)」に過ぎません。これに波及するようなことがあれば、大きなサプライズとなっても不思議ではないことになります。

 

20180202take3(日足)

 

 テクニカルに話を戻します。昨日上値を押さえられた109.75円水準(⑥)は、「1/26高値(109.765円 ⑦)」のみならず、「1/8高値-1/23高値を結ぶ下落トレンド(109.70円)」および「日足・一目均衡表転換線(109.725円)」とも合致(⑧)する、いわゆる“重要な節目”に当たります。特に前者のローソク足は“上下に髭を持つ長大陰線”を描き(⑨)、その後は“高値/安値”共に抜かれておりません。つまりその後に描かれたローソク足5本で「孕み(はらみ)線」を形成している格好であり、「陰の陽孕み」と呼ばれる形状といえます(⑩)。「何かのキッカケさえあれば、上昇トレンドに転換」が示唆される形状です。

 

そうした中で行われるのが、本日の米雇用統計です。直近はしょぼいものが続く同指標ですが、キッカケくらいにはならないか…?“上限(109.765円)”を明確に突破できれば文句なし(⑪)、仮に越え切れなくても“(終値ベースで)実体部分の上限(1/26始値:109.407円)を維持(⑫)”できれば、来週以降の期待が残る…。もちろん割り込むと“1/26安値(108.277円)割れ⇒昨年9/8安値(107.319円)を窺う(⑬)”となる可能性もゼロではありませんが、冒頭で記したように“(下値追い材料)は一つ一つ剥落もしくは後退”へと転じつつあります。

 

20180202take4(週足)

 

 イメージはまだ下方向に傾斜し続けていますが、次なるターゲットは“心理的な節目(110円ライン)”ではなく、“週足で見た孕み線の上限(111.216円 ⑭)”と考えたいところです。“明確に抜ければ”という前提はついて回りますが…。

 

(2018年2月2日執筆)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする

ブロガープロフィール

武市 佳史

ファイナンシャル・プランナー 武市 佳史(takechi yoshifumi)

大阪府出身。ファイナンシャル・プランナー(AFP)、テクニカルアナリスト。
日本におけるFX(外国為替証拠金取引)の草創期より業務に従事。数多くの一般投資家と接しながら、現在はFX大手「マネーパートナーズ」のチーフアナリストとして、為替コラム執筆やWebセミナー講師を務めるのみならず、日経CNBCを始めとする数々のメディアに出演・寄稿している。「初心者には分かり易く、上級者も納得」がモットー。