ホーム > はじめてのFX > FXってなに? 5つの魅力

迷ったらココ!期間限定

FXってなに? 5つの魅力

魅力1

レバレッジ(てこの原理)により、FXは少ない資金で取引ができます。
たとえば、4万円の元金で、レバレッジを最大の25倍にすれば、100万円分として取引できます。さらに元金100万円でレバレッジ5倍なら500万円分、25倍なら2,500万円分として取引できます。

魅力2

外貨預金などと比べて取引手数料が安く、ほとんどのFX業者が取引手数料なしで取引可能です。また、解約の条件などもありません。

魅力3

世界中で為替取引が行われているため、月曜朝から土曜朝の間であれば24時間いつでも取引が可能です。近年ではインフラも整備されスマートフォンなどでも取引が可能となっております。

魅力4

金利の安い国の通貨で金利の高い国の通貨を買うと発生する金利差(スワップポイント)でも利益が狙えます。
金利差が大きければ大きいほど、受け取りスワップポイントの金額も大きくなります。近年ではインフラも整備されスマートフォンなどでも取引が可能となっております。

※低金利通貨(例えば円)から高金利通貨(例えばドル)を売ったとき、 マイナスのスワップポイントが発生します。

魅力5

損失が一定額(または率)に達した時点で、自動的に損切り(自動ロスカット)されるので大損失を防げます。

みんなのQ&A

  • 手数料0円のFX業者は何で儲けてるの?

    自分が買った(売った)レート(=約定(やくじょう)レート)より、FX会社はインターバンク市場で、安く買って、高く売ります。
    その際の利ざや(売買によって得られる儲け)が収益となります。

  • 少ない資金で運用する場合と、余裕のある資金で運用する場合で何が違うの?

    レート変動が大きい場合、すぐに自動ロスカットされます。でも、余剰金(有効証拠金?必要証拠金=有効証拠金のゆとり)があれば、変動が大きい場合でも余裕のあるトレードができます。

キーワード

レバレッジ(leverage)

“leverage”にある、”lever”とは、『てこ』の意味です。

通常は…
1ドル=100円の時、1万ドルの取引をしたいと思えば
1ドル=100円 → 1万ドル=1,000,000円が必要となります

本来であれば上記のように100万円の資金が必要となってきますが…

レバレッジを使うと
レバレッジ10倍の場合

1ドル=100円 → 1万ドルが100,000円で取引可能

*政府の規制により、2010年8月以降はレバレッジ50倍まで、2011年8月以降はレバレッジ25倍までに制限されている。

外国為替市場
証券市場のように取引所が実在している市場ではなく、 売買を行う当事者同士や仲介業者が直接 1 対 1 で行っている取引を総称して外国為替市場と呼んでいます。
取引手数料
一般的な銀行の手数料は、1ドル当たり往復2円の手数料が発生します。
FX取引のコストは、取引手数料とスプレッドからなりますが、FX業者は取引手数料が無料のところも多く、実質の取引コストはスプレッド幅となります。
スプレッド
売値と買値の価格差の事を言います。
FX業者は手数料としてこのスプレッドの中から利益を確保しています。
ポジションを持った方向(買いor売り)に、このスプレッドの幅以上に動かなければ利益にはなりません。そのためスプレッド幅が小さいFX業者を選ぶ事が重要になります。但し、極端にスプレッド幅の狭いFX業者はスリッページが起きる事が多く、幅が狭くスリッページを起さないFX業者を選ぶ必要があります。
スリッページ
FXトレード中、意図したレートと約定したレートに差が発生する事があります。
95.55で約定させたかったのに、95.57で約定された場合2銭すべった事になります。意図したレートで約定するためには約定力の高いFX業者を選ぶ必要があります。