ホーム > 業界早耳ニュース > FXCMジャパン証券と楽天証券の経営統合に伴うサービス内容の変更

迷ったらココ!期間限定

業界早耳ニュース

6/1
2015

FXCMジャパン証券と楽天証券の経営統合に伴うサービス内容の変更

FXCMジャパン証券、楽天証券

 

本日は、FXCMジャパン証券楽天証券の経営統合に伴う、サービス内容の変更についてお知らせします。

 

FXCMジャパン証券は、2015年4月1日(水)より楽天証券の子会社となりましたが、2社は2015年8月1日(土)に経営統合するとの発表が新たにありました。

 

<参考記事>
楽天証券がFXCMジャパン証券を子会社化

 

この統合に伴い、2015年9月12日(土)をもって、FXCMジャパン証券[プレミアム口座]は、楽天証券[楽天FX]に移管される予定となっています。

 

9月の口座移管に先立ち、2015年7月24日(金)午前6時00分をもって、楽天証券[楽天FX]では対応していない14通貨ペアの取扱いが終了します。

 

[プレミアム口座]における取扱い終了の通貨ペア
米ドル/カナダドル 英ポンド/カナダドル
ユーロ/豪ドル カナダドル/スイスフラン
ユーロ/カナダドル NZドル/カナダドル
豪ドル/カナダドル 米ドル/トルコリラ
英ポンド/豪ドル 米ドル/南アフリカランド
ユーロ/NZドル 米ドル/香港ドル
英ポンド/NZドル ユーロ/トルコリラ

 

また、FXCMジャパン証券[ミラートレーダー口座]においては、2015年7月24日(金)午前6時00分をもってサービス終了となります。

 

サービス終了に向けてのスケジュールは以下のとおりです。

 

●2015年5月29日(金)午後6時00分:新規・追加口座申込終了

 

●2015年6月26日(金)午後4時00分:初回入金受付ならびに口座開設手続き終了

 

●2015年7月24日(金)午前6時00分:サービス終了

 

この[ミラートレーダー口座]は、ストラテジーと呼ばれる、あらかじめ用意された売買プログラムを選択するだけで、誰でも簡単にFXの自動売買取引ができるサービスです。

 

[ミラートレーダー口座]の決済されていないポジションは、FXCMジャパン証券の提供レートにて適時決済が行われます。

 

取引をしている方は、サービス終了前に利益を確保、もしくは損失が小さいうちに決済しておくことをおすすめします。

 

ミラートレーダーは、もともとイスラエルのトレーデンシー社が開発した自動売買システムで、今回、サービス終了が決まったFXCMジャパン証券以外でも、取扱っている国内FX会社は何社かあります。

 

ミラートレーダーで自動売買を続けたいという方は、他社での取引を検討してみてはいかがでしょうか。

 

ミラートレーダー取扱い業者
FXプライム byGMO[選べるミラートレーダー]
FXトレードフィナンシャル[FXTFミラートレーダー]
アヴァトレードジャパン[ミラートレーダー]
インヴァスト証券[シストレ24]
セントラル短資FX[セントラルミラートレーダー]

 

ちなみに、FXCMジャパン証券[スタンダード口座][MT4口座]は、経営統合後もこれまで通り取引することができます。

 

[スタンダード口座]の取引システム「Trading Station(トレーディング・ステーション)」と、[MT4口座]の取引システム「MetaTrader 4 (MT4)」もそのまま利用できるそうです。

 

>>>>>楽天証券[楽天FX]の詳細や口座開設はこちらからどうぞ!
>>>>>FXCMジャパン証券[スタンダード口座]の詳細や口座開設はこちらからどうぞ!
>>>>>FXCMジャパン証券[MT4口座]の詳細や口座開設はこちらからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • シェアする